トラブルシューティング

Audience ManagerまたはPeopleコアサービスとの統合を使用中にエラーが発生する場合があります。

この場合、次の要素が正しく設定されていることを確認します。

  • 外部アカウント

    Administration > Application settings > External accounts​で、次の外部S3アカウントが正しく設定されていることを確認します。 前述のS3サーバは、プロビジョニング時に設定する必要があります。

    • importSharedAudience:オーディエンスの読み込み専用のS3アカウント。
    • exportSharedAudience:オーディエンスの書き出し専用のS3アカウント。
  • 共有データソース

    Administration > Application settings > Shared Data Sources​で、共有データソースが正しく設定されていることを確認します。

    Priority は、複数のデータソースを定義している場合に使用します。優先度は、定義された順序で受け取ったエイリアスとの照合に使用されるデータソースを決定します。 Priority は、トリガーの実装にのみ必要です。

    紐付けキーが正しいことを確認します。 オーディエンスの書き出しと読み込みに使用される、このフィールドのハッシュ/暗号化された値です。

    宣言済みIDをハッシュまたは暗号化する場合は、Webサイトで同じパラメーター/暗号化アルゴリズムが使用されていることを確認します。

    次の暗号化アルゴリズムは1つのみサポートされます。キーサイズが128、192または256ビットのCBCモードのAES。PKCSパディングを使用。

    AES暗号化アルゴリズムを選択した場合は、次の追加フィールドを正しく設定する必要があります。

    • AES用の暗号化 キー
    • AES用のEncryption IV (Initialization Vector)
    • チャネル (電子メール/SMS/その他):このフィールドでは、電子メールアドレスとSMS番号を直接復号化できます。紐付けキーが​チャネル​フィールドの設定と一致していることを確認してください。 「その他」を選択した場合、この特定の復号化は行われず、紐付けキーを使用してデータを調整します。

    テクニカルワークフローが停止または一時停止されたため、Experience Cloudオーディエンスを共有できない可能性があります。 データソースの​Show ImportShared Audience workflow​オプションを直接クリックして、Import shared audience​ワークフローにアクセスします。

People コアサービス経由でオーディエンスを共有したり、オーディエンスをインポートしたりすると、データが一部失われることがあります。ID(「訪問者 ID」または「宣言済み ID」)をプロファイルディメンションに紐付けることができたレコードだけが転送されます。Adobe Campaign によって認識されない People コアサービスセグメントからの ID はインポートされません。

このページ