Analytics での Campaign のディメンションと指標

Adobe CampaignとAdobe Analyticsの統合により、Adobe Analyticsで電子メール配信の成功を直接追跡できます。

Analyticsで見つかったキャンペーン dimensions を以下に示します。

ディメンション
定義
キャンペーン ID
キャンペーンで見たキャンペーンの内部名
キャンペーンラベル
キャンペーンで見たキャンペーンのラベル
配信 ID
キャンペーンに表示される配信の内部名。
例えば、DM1は、子配信を毎週送信するようにスケジュールされた繰り返しの配信です。 DM2、DM3、DM4は最初の3週間送信されます。 次に、配信IDディメンションは、DM1 ~ DM4の各配信の結果を表示します。
配信ラベル
キャンペーンで見た配信のラベル
実行された配信ID
キャンペーンに表示される配信の内部名。 これは、キャンペーンでの実行の配信に関するだけです。
例えば、DM1は、子配信を毎週送信するようにスケジュールされた繰り返しの配信です。 DM2、DM3、DM4は最初の3週間送信されます。 次に、実行配信IDディメンションは、子配信DM2,DM3,DM4である実行配信の結果を表示する。
実行された配信ラベル
配信のラベルをキャンペーンで確認できます。 これは、キャンペーンでの実行の配信に関するだけです。

Analyticsで見つかったキャンペーン metrics を以下に示します。

指標
定義
クリック済み
配信内でコンテンツがクリックされた回数。
配信済み
送信されたメッセージの合計数に関連して、正常に送信されたメッセージの数。
開封済み
配信でメッセージが開かれた回数。
送信済み
配信の送信の合計数。
合計バウンス数
配信および自動返信処理中に発生したエラーの合計で、送信されたメッセージの合計数に関連して計算されたエラーの合計です。
一意のオープン
配信を開いた受信者の数です。
個別クリック
配信内のコンテンツをクリックした受信者の数です。
購読解除済み
購読解除リンクのクリック数。

このページ