Adobe Experience Platformオーディエンスをキャンペーンに取り込む

Adobe Experience Platformオーディエンスをキャンペーンに取り込み、ワークフローで使用するには、まずAdobe CampaignをAdobe Experience Platform 宛先​として接続し、エクスポートするセグメントと共に設定する必要があります。

宛先が設定されると、データはストレージの場所にエクスポートされ、取り込むために、Campaign Standardに専用のワークフローを構築する必要があります。

Adobe Campaignを宛先として接続

Adobe Experience Platformで、Adobe Campaignとの接続を設定するには、書き出したセグメントのストレージの場所を選択します。 また、この手順では、エクスポートするセグメントを選択し、追加のXDMフィールドを指定して含めることもできます。

詳しくは、宛先ドキュメントを参照してください。

宛先の設定が完了すると、Adobe Experience Platformは指定したストレージーの場所にタブ区切りの.txtまたは.csvファイルを作成します。 この操作は、24時間に1回スケジュールされて実行されます。

セグメントをキャンペーンに取り込むCampaign Standardワークフローを設定できるようになりました。

Campaign Standardでのインポートワークフローの作成

Campaign Standardを宛先として設定したら、Adobe Experience Platformが書き出したファイルを読み込むための専用のワークフローを構築する必要があります。

これを行うには、Transfer file​アクティビティを追加して設定する必要があります。 このアクティビティの設定方法について詳しくは、このセクションを参照してください。

その後、必要に応じてワークフローを構築できます(セグメントデータを使用してデータベースを更新し、チャネル間の配信をセグメントに送信するなど)。

例えば、以下のワークフローでは、ストレージーの場所から毎日ファイルをダウンロードし、その後、セグメントデータを使用してキャンペーンデータベースを更新します。

データ管理ワークフローの例については、ワークフローの使用例を参照してください。

関連トピック :

このページ