プライバシーに関する FAQ

Adobe Campaign を使用する際の、プライバシーと同意に関するよくある質問の一部を以下に示します。

キーワード

プライバシーに関するキーワードを教えてください。

以下のリンクでは、Adobe Campaign のプライバシーと同意に関する主要な用語や概念について説明しています。

プライバシー規制への対応

最新のプライバシー規制に準拠するために Adobe Campaign ではどのような提案をおこなっていますか。

アドビでは、法律に関するアドバイスを行っていません。GDPR、CCPA、PDPA、LGPD、その他の適用される規制への対応に関して、必要なすべての手順を実行するように、自社の法務担当者と協力する必要があります。

データのアクセス要求および削除要求に対する準備

  • プライバシー担当者の指定など、データ主体からの要求の受理や対応をおこなうためのプロセスを明確にしてください。

  • Adobe Campaign に保存されている各種の顧客データを確認し、それぞれに一意の識別情報を設定してください(通常は複数あります)。

  • データ主体の身元確認に関する検証や認証のポリシーおよびプロセスを決定してください。

  • データ主体への回答は、必ずわかりやすい内容にしてください。

同意についての考慮事項

  • GDPR に関連するデータ取得がおこなわれるすべてのタッチポイントの一覧を作成し、必要に応じて更新してください(例えば、言語、同意の方式、同意の記録などがあげられます)。

  • すべてのマーケティング用 E メールに登録解除用のリンクが記載されていることを確認してください。

  • E メールマーケティングの戦略をグローバルに評価し、各個別地域の実装方法を決定してください。

データの取り扱いについて

  • Adobe Campaign に取り込まれるすべてのデータのインポート元や取得元を確認し、マーケティング対策にどのフィールドが使用されているかを記録してください。

  • Adobe Campaign データベースから、使用されていないデータ属性をすべて削除してください。

  • Adobe Campaign から取得可能なデータは、入手した目的に対して使用し、受信者に対して高度にパーソナライズされたエクスペリエンスを提供するために使用してください。

  • データアクセス権を確認および更新して、Adobe Campaign のユーザーが自分のキャンペーンに必要なデータのみ利用でき、それ以外のデータは利用できないようにしてください。

  • Adobe Campaign の各ユーザーについて、要求されるタスクの実行に必要なアクセス権限が設定され、それ以外のタスクをおこなう権限が設定されていないことを確認してください。

ユーザーエンゲージメントの保持

データ管理者がユーザーエンゲージメントへの影響を最小限に抑えながら同意を得るにはどうすればよいですか。

特定のマーケティング活動で同意が必要となる場合は、その同意が、消費者の意図を反映したものであり(意思を示さないことを同意としない、チェックボックスがあらかじめオンになっていない、など)、抱き合わせではなく、またサービス提供の条件となっていてはいけません。

また、データを継続利用するにあたって特定の同意を更新することが必要となる場合もあります。

同意に関して強化されたこれらの要件をマーケティング業界におけるリスクと考えるのではなく、新しく導入された同意要件をブランドエンゲージメントやロイヤリティ、顧客の満足度や信頼度が正しく反映される指標として捉えることができます。

データ管理者は Adobe Campaign で同意をどのように管理しますか。

Adobe Campaign には既に同意管理機能があり、カスタマイズされたデータフィールドや各種サービスを利用した場合よりも詳細に同意を管理できます。

各自社内の法務担当者に業務の進め方を確認のうえ、Adobe Campaign に組み込まれている機能を活用してください。

例えば、Adobe Campaign のデータモデルを拡張することにより、ユーザーがオプトインしたかどうかを追跡するだけでなく、オプトインのタイムスタンプや、同意の正確な範囲を把握するための特定の指標を追跡することもできます。

データ削除

データ管理者は自社の顧客(データ主体)の要求に応じて Adobe Campaign のどのデータを削除できますか。

標準テーブルやカスタムテーブルも含め、データ主体に関連するすべてのデータが削除されます。

技術的には、integrity="own" でデータ主体にリンクされているすべてのデータが削除されます。

データ管理者は、データスキーマで定義されているリンクの整合性を変更することにより、これをカスタマイズできます(例えば、業務上正当な理由から特定のデータを削除しないようにする場合)。

配信ログとトラッキングログを削除した場合、レポートにはどのような影響がありますか。

Adobe Campaign のレポートは、配信ログとトラッキングログを集計したデータから計算された指標に基づいています。このため、個々のログを削除しても、レポートに表示される測定値には影響はありません。

データの再インポート

Adobe Campaign では、レコードは外部データソースからアップロードされることがよくあります。後日にデータを再インポートする必要性を考慮する必要はありますか?

データ管理者は、削除要求を受け取ったら、当該データ主体に関する必要なすべてのデータをすべてのシステムから確実に削除する必要があります。

再オプトイン

Adobe Campaign からデータが消去されたデータ主体は、後で再度オプトインできますか?

データ主体のデータが Adobe Campaign から消去された後に、データ主体が再度オプトインしたり、データ主体を新しい受信者として追加したりすることは可能です。

監査記録を使用すると、前回の削除が実行された日時や、新しい受信者が作成された日時の詳細を確認できます。

このページ