Campaign Standard データモデルの概要

データモデル

カスタムリソース

APIの使用

独自のフィールドとリソースを使用して Campaign Standard データモデルを拡張し、あらゆるデータモデルの変更を単一ビューで監視します。

データモデル

キャンペーンが使用するデータは、事前定義データモデル​で定義された異なるリソースを介して定義されます。 データモデルには、一連のマーケティング関連リソースの標準搭載されたSQL構造が表示されます。配信、オーディエンス、ランディングページ、プロファイル等 各リソースには関連するフィルターが付属し、各リソース間を移動できます。

診断​メニューを使用すると、Campaign Standardが生成する技術的なオブジェクトをリストできます。データスキーマ、Webページ、フィルターなど。データモデルおよび変更を監視できます。

詳しくは、以下を参照してください。

カスタムリソース

Campaign Standardでは、定義済みのデータモデル​を拡張して独自のリソースを作成(例えば、購入テーブルや製品テーブルの追加)したり、既存のリソースを新しいフィールドで拡張したりできます。 また、キャンペーン画面を設定して、作成された新しいリソースやフィールドを使用してナビゲーションを最適化することもできます。

また、Campaign StandardREST APIを​拡張して、カスタムリソースプロファイルのAPI拡張フィールドに公開することもできます。​これにより、例えば、請求システムから生成されたプロモーションコードで顧客のプロファイルを更新できます。

詳しくは、以下を参照してください。

APIを使用する

Campaign StandardAPIを使用して、Adobe Campaign Standard向けの統合を作成し、使用するテクノロジーのパネルとキャンペーンを連携させて独自のエコシステムを構築します。 Campaign Standard REST API の概要

その他のリソース

このページ