マルチソリューション電子メールデザイン

Adobe Campaignでは、いくつかの電子メールオーサリングオプションを提供しています。 Dreamweaverなどのソリューションを使用して、電子メールコンテンツを編集し、電子メールデザイナーでレスポンシブメッセージを作成できます。 また、コンテンツをAdobe Experience Managerで電子メールで送信し、Adobe Campaign Standardの電子メールで使用することもできます。

Dreamweaverでのコンテンツの編集

Adobe Campaign StandardとDreamweaverの統合により、Dreamweaverインターフェイスで E メールのコンテンツを編集できます。 Dreamweaverの強力なインターフェイスを使用して、レスポンシブ E メールコンテンツを設計および開発できます。

  • 双方向同期

    1 つの製品で編集がおこなわれるたびに、他の製品でリアルタイムに更新されます。 Dreamweaverでテキストの色を変更する場合は、編集を行うとすぐに、Campaign でテキストの色が有効になります。 また、Dreamweaverまたは Campaign でコードを選択する場合、行番号が同じなので、2 つの製品の間で選択が維持されるので、コード内の特定の項目を探す際に非常に役立ちます。

  • Dreamweaver を使用した Adobe Campaign へのローカルイメージのアップロード

    Dreamweaver内で E メールを作成または編集する際には、デスクトップまたはローカルマシンから画像を選択するだけで済みます。 Dreamweaverでは常にこの操作が可能ですが、Dreamweaverと Campaign が接続されると、ローカルファイルがAdobe Campaignサーバーに直ちにアップロードされます。コンテンツの変更時に画像を手動でアップロードする必要はありません。 さらに、最新の画像が常に Campaign 内で有効になるようにします。

  • Dreamweaverでの Campaign パーソナライゼーションの追加

    電子メール開発者は、次のようなテキストを追加する必要がなくなりました。 [[FIRSTNAME_PLACEHOLDER]] また、データモデルのテーブルの構文を調べることもできません。 Dreamweaverの Campaign ツールバーは、Campaign インスタンスのデータモデルに直接接続します。 つまり、名から住所へのパーソナライゼーションに必要なデータを取り込むことができます。 Campaign 内でコンテンツブロックを作成している場合は、それらをDreamweaverに直接取り込むこともできます。

この機能について詳しくは、 Dreamweaver Documentation を参照してください。 ここ.

ビデオでこの機能を確認する

Experience Manager内のコンテンツの編集

E メールのコンテンツは、Experience Managerで編集し、Adobe Campaign Standardで 1 つまたは複数の E メールメッセージに使用できます。 このドキュメントを参照してください。

製品リスト

製品リストでは、E メールコンテンツ内の 1 つ以上のデータコレクションを参照できます。 これらのリストは、トランザクション E メールで使用できます。 この機能に関する専用の節を利用できます。 ここ.

E メールデザインオプションの比較

Adobe Campaignでは、いくつかの電子メールオーサリングオプションを提供しています。 次の表に、それぞれの主な可能性、メリットおよび制限を示します。

電子メールデザイナー
Experience Manager
Dreamweaver
空のメールを開始
サポート対象
サポート対象
サポート対象
書き込みHTML
サポート対象
サポートなし
サポート対象
更新HTML
HTMLコンポーネント内のみ
サポートなし
サポート対象
基本的なパーソナライゼーション
サポート対象
サポート対象
サポート対象
高度なパーソナライゼーション
サポート対象
サポートなし
サポートなし
配達確認/プレビュー
サポート対象
AEMでプレビュー
キャンペーン内の配達確認
Campaign でのプレビューと配達確認
製品リスト
E メールトランザクションメッセージでサポート
サポートなし
サポートなし
利点

— ドラッグ&ドロップ操作で簡単に E メールを作成

— 従来のコンテンツエディターと似た機能

— フラグメントを含む再利用可能なコンテンツ

- Web サイトのアセットを電子メールで再利用する

- E メールコンテンツのExperience Managerの力を活用

— 開発者が電子メールを直接コーディングする機能

— 双方向同期

- Dreamweaverでオフラインで編集し、後で同期する

- Dreamweaverを使用したAdobe Campaignへの画像のアップロード

制限事項

— フラグメント内に条件付きコンテンツがない

-Experience Managerフラグメントを使用できません

— 高度なパーソナライゼーションは実装が困難

- Adobe Campaignでテストを送信する必要がある

動的コンテンツがサポートされていません
オーディエンス
ドラッグ&ドロップ機能と組み合わせて、HTMLコンポーネントを柔軟に使用し続けたいマーケター
パーソナライゼーションをほとんど行わずに標準のメールExperience Managerを使用したいと考えているマーケターは既にテンプレートを使用しています
E メールコンテンツのコーディングとAdobe Campaignとの直接統合をおこなう開発者
詳細はこちら
詳しくは、 E メールデザイナーについて.
詳しくは、 統合とExperience Manager.
詳しくは、 Dreamweaverと Campaign これを見て ビデオ.

チュートリアルビデオ

このビデオでは、Dreamweaverを使用してAdobe Campaign Standard用のコンテンツを作成および編集する方法を示します。

その他のCampaign Standardのハウツービデオも利用できます ここ.

このページ