SMS およびプッシュコンテンツエディターインターフェイス

SMS およびプッシュコンテンツエディターは、メッセージの表示と編集が可能な 2 つのセクションに分かれています。

  1. アクションバー​には、ページの一般的なオプションが含まれています。ここから、パーソナライゼーションフィールドやコンテンツブロックの挿入、条件付きテキストの追加、SMS コンテンツのプレビューをおこなうことができます。SMS とプッシュコンテンツエディターのアクションバーを参照してください。
  2. 画面の​編集領域​では、テキストメッセージを直接入力し、パーソナライゼーションを挿入する場所を選択できます。SMS およびプッシュコンテンツ編集モードを参照してください。

SMS とプッシュコンテンツエディターのアクションバー

アクションバーには、作成中のコンテンツを操作するための様々なボタンが含まれています。

アイコン
ボタン名
チャネル
説明

Preview
SMS のみ
受信者の E メールがどのようにレンダリングされるかを表示できます。メッセージのプレビューを参照してください。

Undo
SMS とプッシュ
最後に実行された操作をキャンセルします。

Redo
SMS とプッシュ
最後にキャンセルした操作をやり直します。

Insert personalization field
SMS とプッシュ
データベースからコンテンツにフィールドを追加できます。パーソナライゼーションフィールドの挿入
を参照してください。

Insert content block
SMS とプッシュ
コンテンツにパーソナライゼーションブロックを追加できます。コンテンツブロックの追加を参照してください。

Enable dynamic text
SMS とプッシュ
コンテンツにダイナミックテキストを挿入できます。ダイナミックテキストの定義を参照してください。

Disable dynamic text
SMS とプッシュ
ダイナミックテキストを削除できます。

SMS およびプッシュコンテンツ編集モード

SMS およびプッシュコンテンツエディターでは、次の機能を使用できます。

このページ