ダイレクトメールオーディエンスの定義

ダイレクトメールオーディエンスは、作成ウィザードを使用するか、配信ダッシュボードの「Audience」セクションをクリックして定義できます。

メインターゲットの定義

ダイレクトメールのターゲットプロファイルは、ダイレクトメールプロバイダに送信する抽出ファイルに含まれるプロファイルです。

ターゲットプロファイルごとに、新しい行が抽出ファイルに追加されます。各受信者のプロファイル情報の量は、Defining the extraction画面で定義します。

注意

住所はダイレクトメールプロバイダーにとって重要なものなので、プロファイルに住所が含まれていることを確認してください。また、プロファイル情報の「Address specified」ボックスがオンになっていることも確認してください。推奨事項を参照してください。

テストおよびトラッププロファイルの追加

テストプロファイルを追加して、少数のプロファイルを対象にファイルをテストできるようにします。テストプロファイルを使用すると、実際のファイルを準備する前にファイルサンプルをすばやく作成して構造を検証できます。テストプロファイルの管理を参照してください。

トラップの使用は、ダイレクトメール配信に不可欠です。ダイレクトメールプロバイダが実際に通信を送信していること、また、クライアントリストが別のプロバイダに転送されていないことを確認できます。トラップの使用を参照してください。

ダイレクトメール配信の場合、抽出中にトラップが追加され、出力ドキュメントに織り込まれます。デフォルトでは出力ファイルの並べ替え順に従って挿入されますが、ファイルの冒頭または末尾に挿入するように選択できます。オーディエンスを定義する際に、「Trap insertion mode」タブから目的のオプションを選択します。

このページ