ダイレクトメールの作成

ダイレクトメール配信の作成方法は、通常の E メールの作成方法とよく似ています。次の手順では、このチャネルに固有の設定について説明します。その他のオプションについて詳しくは、E メールの作成を参照してください。

NOTE

ワークフローにダイレクトメールアクティビティを追加することもできます。詳しくは、ワークフローガイドを参照してください。

  1. 新しいダイレクトメール配信を作成します。新しいダイレクトメール配信は、Adobe Campaign ホームページキャンペーンマーケティングアクティビティリストのいずれかから作成できます。

  2. そのまま使用できる​Direct mail​テンプレートか、独自のテンプレートのいずれかを選択します。詳しくは、テンプレートについての節を参照してください。

  3. 配信の一般的なプロパティを入力します。

  4. 抽出ファイルに含めるオーディエンスと、テストおよびトラッププロファイルを定義します。ダイレクトメールオーディエンスの定義を参照してください。

    NOTE

    オーディエンスの定義は、通常の E メールオーディエンスを定義する場合とよく似ています。オーディエンスの作成を参照してください。

  5. ファイルの内容(各プロファイルに含める列、ファイル構造、ヘッダーおよびフッター)を編集します。ダイレクトメールコンテンツの定義を参照してください。

  6. 配信ダッシュボードの「Schedule」セクションをクリックして、コンタクト日を定義します。ダイレクトメールの場合、コンタクト日の設定は必須です。詳しくは、メッセージのスケジュールについてを参照してください。

  7. テストプロファイルを追加すると(テストおよびトラッププロファイルの追加を参照)、最終的なファイルを準備する前に配信をテストできます。選択したテストプロファイルのみを含んだサンプルファイルを作成できます。

    Test」をクリックして、サンプルファイルを生成します。左上隅の「Summary」をクリックし、「Proofs」を選択します。画面の左側で、配達確認を選択して「Download file」をクリックします。

    NOTE

    Adobe Campaign でファイルをエクスポートしてダウンロード可能にするには、Export​の役割が必要です。管理者にお問い合わせください。

  8. 配信コンテンツ、オーディエンス、コンタクト日を定義したら、配信ダッシュボードの「Prepare」ボタンをクリックします。

    タイポロジルールが適用されます。例えば、指定されていない郵送先住所はすべてターゲットから除外されます。プロファイルの情報で「Address specified」チェックボックスがオンになっていることを確認する必要がある(推奨事項を参照)のは、このためですダイレクトメールのプロパティまたはテンプレートレベルで「Maximum volume of message」を定義した場合は、それがここでも適用されます。

    NOTE

    過剰に配信を受けているプロファイルをキャンペーンから自動的に除外するグローバルなクロスチャネル疲労ルールを設定できます。疲労ルールを参照してください。

  9. Explore file」をクリックして、ファイルの最初の 100 行をプレビューします。

    画面の左側で完全なファイルをローカルにダウンロードできます。ファイルをダウンロードすると、Export audits​メニューにログエントリが生成されます。エクスポートの監査について詳しくは、エクスポートの監査の節を参照してください。

    NOTE

    Adobe Campaign でファイルをエクスポートしてダウンロード可能にするには、Export​の役割が必要です。管理者にお問い合わせください。

    配信コンテンツを変更する必要がある場合は、「Regenerate file」ボタンをクリックするだけで変更が反映されます。作成手順に戻る必要はありません。

  10. ファイルが最終版であることを確認するには、配信ダッシュボードで「Confirm」をクリックします。

これで、抽出ファイルをダイレクトメールプロバイダーに送信する準備ができました。ここで、次のいくつかのオプションがあります。

  • ファイルを添付して通常の E メールで送信
  • Campaign で送信:キャンペーンワークフロー内でダイレクトメールアクティビティを実行し「Transfer file」を追加して、例えば FTP でファイルを送信します。詳しくは、ファイル転送を参照してください。

プロバイダは、誤ったアドレスのリストを検索し、この情報をAdobe Campaignに送信し、誤ったアドレスブロックリストを自動的にする。 送信者に返信を参照してください。

このページ