Adobe Campaign Standard でサポートされるモバイルの使用例

このページでは、の使用でサポートされるすべてのモバイル使用例のリストを見 Adobe Campaign Standard ることができ Adobe Experience Platform SDKsます。 これらの使用例をサポートするには、、、およびのインストールと設定 Adobe Experience Platform SDKsを行う必要があり Adobe Experience Platform Launchま Adobe Campaign Standardす。 これについて詳しくは、このページを参照してください。

Adobe Campaign Standardは、次の使用例をサポートしています。

これらの使用例を設定するには、次の拡張機能が必要で Experience Platform Launchす。

  • Adobe Campaign Standard
    Campaign Standard拡張機能をインストールして設定するには、「Experience Platform LaunchでのCampaign Standard拡張の 設定」を参照してください。
  • Mobile Core​に設定され、自動的にインストールされます。
    Mobile Core拡張機能について詳しくは、「 Mobile Core」を参照してください。
  • Profile​に設定され、自動的にインストールされます。
    プロファイル拡張機能について詳しくは、「 プロファイル」を参照してください。

モバイルプロファイルのCampaign Standardへの登録

iOSの場合

iOSでは、次の情報が必要 Experience Platform APIs です。

  • Lifecycle Start(アプリの起動時とアプリがフォアグラウンドの場合)。
  • Lifecycle Pause(アプリがバックグラウンドにある場合)。

詳しくは、iOSの ライフサイクル拡張機能を参照してください

iOSでのこの使用例の実装例を以下に示します。

 func application(_ application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [UIApplication.LaunchOptionsKey: Any]?) -> Bool {
  
  
 ACPCore.setLogLevel(.debug)
 appId = SettingsBundle.getLaunchAppId()
   
 //===== START Set up Adobe SDK =====
 ACPCore.configure(withAppId: appId)
   
 ACPCampaign.registerExtension()
 ACPIdentity.registerExtension()
 ACPLifecycle.registerExtension()
 ACPUserProfile.registerExtension()
 ACPSignal.registerExtension()
 ACPCore.start()
 ACPCore.lifecycleStart(nil)
   
 return true
 }
  
func applicationDidEnterBackground(_ application: UIApplication) {
 ACPCore.lifecyclePause()
 }
   
 func applicationDidBecomeActive(_ application: UIApplication) {
 // Workaround until jira AMSDK-7411 is fixed.
 sleep(2)
 ACPCore.lifecycleStart(nil)
 }

Androidの場合

Androidでは、以下が必要 Experience Platform APIs です。

  • OnResume
  • OnPause

詳しくは、Androidでの ライフサイクル拡張機能を参照してください

Androidのこの使用例の実装例を以下に示します。

@Override
  
public void onResume() {
 super.onResume();
 MobileCore.setApplication(getApplication());
 MobileCore.lifecycleStart(null);
 handleOpenTracking();
 }
  
 @Override
 public void onPause() {
 super.onPause();
 MobileCore.lifecyclePause();
 }

プッシュトークンのAdobe Campaign Standardへの送信

iOSの場合

iOSでは、次の情報が必要 Experience Platform SDK です。

  • setPushIdentifier
    詳しくは、setPushIdentifierを参照して ください

iOSでのこの使用例の実装例を次に示します。

func application(_ application: UIApplication, didRegisterForRemoteNotificationsWithDeviceToken deviceToken: Data) {
  
 // Register Device Token
 ACPCore.setPushIdentifier(deviceToken)

Androidの場合

Androidでは、以下が必要 Experience Platform SDK です。

  • setPushIdentifier
    詳しくは、setPushIdentifierを参照して ください

Androidのこの使用例の実装例を次に示します。

@Override
public void onNewToken(String token) {
    Log.d(TAG, "Refreshed token: " + token);
    MobileCore.setPushIdentifier(token);
}

アプリケーションのカスタムデータを使用したモバイルプロファイルの拡張

この使用例を機能させるには、PIIポストバックのルールを作成する必要があります。 詳しくは、「 PIIポストバック」を参照してください。

iOSの場合

iOSでは、次の情報が必要 Experience Platform API です。

  • collectPII詳
    しくは、collectPIIを参照してください。

iOSでのこの使用例の実装例を以下に示します。

ACPCore.collectPii(["email":email, "firstName":firstName, "lastName":lastName])

Androidの場合

Androidでは、以下が必要 Experience Platform API です。

  • collectPII詳
    しくは、collectPIIを参照してください。

Androidのこの使用例の実装例を以下に示します。

HashMap<String, String> data = new HashMap<>();
data.put("firstName", firstNameText);
data.put("lastName", lastNameText);
data.put("email", emailText);
MobileCore.collectPii(data);

アプリケーションのライフサイクルデータを使用したモバイルプロファイルの拡張

この使用例を機能させるには、PIIポストバックのルールを作成する必要があります。 詳しくは、「 PIIポストバック」を参照してください。

メモ

Adobe Campaignでは、カスタムデータまたはライフサイクルデータをモバイルアプリと区別しません。 モバイルアプリのイベントに応じて、collectPiiポストバックルールを使用して、両方のタイプのデータをサーバーに送信できます。

iOSの場合

iOSでは、次の情報が必要 Experience Platform APIs です。

  • Lifecycle Start(アプリの起動時とアプリがフォアグラウンドの場合)。
  • Lifecycle Pause(アプリがバックグラウンドにある場合)。

詳しくは、iOSの ライフサイクル拡張機能を参照してください

iOSでのこの使用例の実装例を以下に示します。

func application(_ application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [UIApplication.LaunchOptionsKey: Any]?) -> Bool {
  
  
 ACPCore.setLogLevel(.debug)
 appId = SettingsBundle.getLaunchAppId()
   
 //===== START Set up Adobe SDK =====
 ACPCore.configure(withAppId: appId)
   
 ACPCampaign.registerExtension()
 ACPIdentity.registerExtension()
 ACPLifecycle.registerExtension()
 ACPUserProfile.registerExtension()
 ACPSignal.registerExtension()
 ACPCore.start()
 ACPCore.lifecycleStart(nil)
   
 return true
 }
  
func applicationDidEnterBackground(_ application: UIApplication) {
 ACPCore.lifecyclePause()
 }
   
 func applicationDidBecomeActive(_ application: UIApplication) {
 // Workaround until jira AMSDK-7411 is fixed.
 sleep(2)
 ACPCore.lifecycleStart(nil)
 }

Androidの場合

Androidでは、以下が必要 Experience Platform APIs です。

  • OnResume
  • OnPause

詳しくは、Androidでの ライフサイクル拡張機能を参照してください

Androidのこの使用例の実装例を以下に示します。

@Override
  
public void onResume() {
 super.onResume();
 MobileCore.setApplication(getApplication());
 MobileCore.lifecycleStart(null);
 handleOpenTracking();
 }
  
 @Override
 public void onPause() {
 super.onPause();
 MobileCore.lifecyclePause();
 }

プッシュ通知を使用したユーザーの操作を追跡する

ポストバックを追跡するプッシュ通知のルールを作成する必要があります。 詳しくは、 プッシュ通知トラッキングポストバックを参照してください

iOSの場合

iOSでは、次の情報が必要 Experience Platform SDK です。

  • trackAction.」詳しくは、「アプリのアクションを 追跡」を参照してください。

iOSでのこの使用例の実装例を以下に示します。

let deliveryId = userInfo["_dId"] as? String
let broadlogId = userInfo["_mId"] as? String
if (deliveryId != nil && broadlogId != nil) {
    ACPCore.trackAction("tracking", data: ["deliveryId": deliveryId!, "broadlogId": broadlogId!, "action":"2"])
}

Androidの場合

Androidでは、以下が必要 Experience Platform SDK です。

  • trackAction
    詳しくは、「アプリのアクションを 追跡」を参照してください。

Androidのこの使用例の実装例を以下に示します。

contextData.put("deliveryId", deliveryId);
contextData.put("broadlogId", messageId);
contextData.put("action", "2");
MobileCore.trackAction("tracking", contextData);

アプリ内イベントをトリガーするためのカスタムメッセージのアプリへの実装

iOSの場合

iOSでは、次の情報が必要 Experience Platform SDK です。

  • trackAction.」詳しくは、「アプリのアクションを 追跡」を参照してください。

iOSでのこの使用例の実装例を以下に示します。

ACPCore.trackAction(mobileEventName, data: [:] )

Androidの場合

Androidでは、以下が必要 Experience Platform SDK です。

  • trackAction
    詳しくは、「アプリのアクションを 追跡」を参照してください。

Androidのこの使用例の実装例を以下に示します。

MobileCore.trackAction(mobileEventText, new HashMap<String,String>());

追加の認証用のリンケージフィールドの設定

iOSの場合

iOSのアプリ内メッセージに基づくプロファイルテンプレートに、追加の認証用のリンケージフィールドを設定するには、以下が必要 Experience Platform SDK です。

iOSでのこの使用例の実装例を以下に示します。

リンケージフィールドを設定するには:

var linkageFields = [String: String]()
linkageFields["cusEmail"] = "john.doe@email.com"
ACPCampaign.setLinkageFields(linkageFields)

リンケージフィールドをリセットするには:

ACPCampaign.resetLinkageFields(linkageFields)

Androidの場合

Androidのアプリ内メッセージに基づくプロファイルテンプレートに、追加の認証用のリンケージフィールドを設定するには、次のExperience PlatformSDKが必要です。

Androidでのこの使用例の実装例を以下に示します。

リンケージフィールドを設定するには:

HashMap<String, String> linkageFields = new HashMap<String, String>();
linkageFields.put("cusEmail", "john.doe@email.com");
Campaign.setLinkageFields(linkageFields);

リンケージフィールドをリセットするには:

Campaign.resetLinkageFields()

このページ