Adobe Campaign Standard の使用例をサポートするための Launch ルールの設定

Adobe Experience Platform Launchでは、PIIや他のデータをモバイルアプリケーションからAdobe Campaign Standardに送信するためのデータ要素とルールを作成する必要があります。

Adobe Experience Platform Launch内のすべての設定変更を有効にするには、これらの変更を発行する必要があります。 詳しくは、発行を参照してください。

Experience Platform Launchにルールを作成するには、次の手順に従います。

  1. データ要素の作成
  2. サポートする使用 例のルールの作成:

データ要素を作成しています

Experience Platform Launchに作成することをお勧めするデータ要素を以下に示します。
必要に応じて、追加のデータ要素を作成できます。

  • Experience Cloud ID
  • Pkey
  • Campaign server

これらのデータ要素を作成するには:

  1. Experience Platform Launchのモバイルアプリケーションダッシュボードで、「Data Elements」タブをクリックします。

  2. Experience Cloud ID​データ要素を作成するには、Create New Data Element​をクリックします。

  3. Name​フィールドに、例えば​mcid​と入力します。

  4. Extension​ドロップダウンから​Mobile Core​を選択します。 次に​Data element​タイプのドロップダウンで​Experience Cloud ID​を入力します。

  5. Pkeyデータ要素を作成するには、Add data element​をクリックします。

  6. Name​フィールドに、例えば​pkey​と入力します。

  7. Extension​ドロップダウンから​Adobe Campaign Standard​を選択します。 次に​Data element​タイプのドロップダウンで​pkey​を入力します。

  8. キャンペーンサーバーのデータ要素を作成するには、Add data element​をクリックします。

  9. Name​フィールドに名前を入力します(例:camp-server)。

  10. Extension​ドロップダウンから​Adobe Campaign Standard​を選択します。 次に、Data element​タイプのドロップダウンで​Campaign Server​を指定します。

ルールの作成

次のルールを作成する必要があります。

PIIポストバック

メモ

モバイルアプリからAdobe CampaignにPII情報を送信するには、SDK APIを実装する必要があります。 詳細については、CollectPIIを参照してください。

PIIデータをAdobe Campaign Standardに送信するには、Experience Platform Launchにルールを作成します。

  1. Experience Platform Launchで、モバイルアプリケーションダッシュボードから​Rules​タブをクリックし、Create New Rule​をクリックします。

  2. 名前を入力します(例:Mobile Core - Collect PII)。

  3. Events​セクションで、Add​をクリックします。

  4. Extension​ドロップダウンから​Mobile Core​を選択します。 次に、Event type​ドロップダウンの​Collect PII

  5. Keep changes」をクリックします。

  6. Actions​セクションで、Add​をクリックします。

  7. Extension​ドロップダウンから​Mobile Core​を選択します。 次に、Action type​ドロップダウンの​Send PII

  8. URL​に次のURLを入力します。

    https://{%%camp-server%%}/rest/head/mobileAppV5/{%%pkey%%}/subscriptions/{%%mcid%%}
    
  9. Add Post Body​チェックボックスを選択します。

  10. Post Body​に次のように入力します。

    {
    "marketingCloudId":
    "{%%mcid%%}",
    "cusEmail":
    "{%contextdata.email%}",
    "cusFirstName":
    "{%contextdata.firstName%}",
    "cusLastName":
    "{%contextdata.lastName%}" }
    

    marketingCloudIdを使用すると、アプリの購読者をデータベース内の受信者と紐付けることができます。その結果、アプリの購読者をデータベース内のデータと紐付けることが必要になります。 ビジネスニーズに応じて、他のキーと値のペアを指定できます。 上記の例では、Email、First Name、Last Nameがアプリから渡されています。

    キー(cusEmail、cusFirstName、cusLastNameなど)は、Adobe Campaign Standardインスタンスのカスタムリソースで定義されているフィールドIDと一致する必要があります。 値の変数(email、firstName、LastNameなど)は、アプリコードからAMS collectPII APIを呼び出すときにモバイルアプリから送信されるJSONデータ内のキーと一致する必要があります。

    また、イベントトリガーに応じて、ライフサイクルデータをCollect PIIポストバックに渡したり、別のポストバックに渡したりすることもできます。 ライフサイクルデータJSONの例を次に示します。

    {
    "marketingCloudId":"{%%mcid%%}",
    "cusDayslastlaunch": "{%%DaysSinceLastUse%%}", 
    "cusDaysfirstlaunch": "{%%DaysSinceFirstUse%%}", 
    "cusLaunches": "{%%Launches%%}"
    }
    

    Experience Platform Launchで定義するデータ要素は、重複の割合(%%mcid%%など)で囲む必要があります。また、アプリのコンテキスト変数は、%contextdata.email%など、1つの割合で囲む必要があります。

  11. Content Type​に、application/json​と入力します。

  12. Timeout​で、「0」を選択します。

これで、ユーザーデータがキャンペーンに送信されるように設定されました。

アプリ内トラッキングポストバック

モバイルアプリケーションでユーザーがアプリ内メッセージをどのように操作するかに関するレポートを得るために、トラッキングデータをAdobe Campaign Standardに送信するには、Experience Platform Launchに次のルールを作成します。

  1. Experience Platform Launchで、モバイルアプリケーションダッシュボードから「Rules」タブを選択し、「Add Rule」をクリックします。

  2. 名前を入力します(例:Adobe Campaign — アプリ内クリック追跡)。

  3. Events​セクションで、Add​をクリックします。

  4. Extension​ドロップダウンから​Adobe Campaign Standard​を選択します。 次に、Event type​ドロップダウンの​In-App click tracking

  5. Keep changes」をクリックします。

  6. Actions​セクションで、Add​をクリックします。

  7. Extension​ドロップダウンから​Mobile Core​を選択します。 次に、Event type​ドロップダウンの​Send postback

  8. URL​に次のURLを入力します。

    https://{%%camp-server%%}/r/?id={%id%}&mcid={%%mcid%%}
    
  9. Add post body​チェックボックスを選択します。

  10. Post Body​に​{}​と入力します。

  11. Content Type​に、application/json​と入力します。

  12. Timeout​で、「0」を選択します。

プッシュ通知トラッキングポストバック

プッシュ通知配信およびユーザーによるモバイルアプリケーションとのインタラクションを追跡するのに役立つ追跡データをAdobe Campaign Standardに送信するには、Experience Platform Launchにルールを作成する必要があります。

プッシュ追跡について詳しくは、プッシュ追跡を参照してください。

アプリのアクションを追跡するには、trackAction APIを使用します。 詳しくは、アプリのアクションを追跡を参照してください。

  1. Experience Platform Launchで、モバイルアプリケーションダッシュボードから「Rules」タブをクリックし、「Add Rule」をクリックします。

  2. 名前を入力します(例:Adobe Campaign — プッシュクリック追跡)。

  3. Events​セクションで、Add​をクリックします。

  4. Extension​ドロップダウンから​Mobile Core​を選択します。 次に、Event type​ドロップダウンの​Track Action

  5. Action」ドロップダウンから「Action」を選択し、「equals」を選択して、「追跡」と入力します。

  6. Keep changes」をクリックします。次に、Actions​セクションで​Add​をクリックします。

  7. Extension​ドロップダウンから​Mobile Core​を選択します。 次に、Action type​ドロップダウンの​Send postback

  8. URL​に次のURLを入力します。

    https://{%%camp-server%%}/r/?id={%contextdata.broadlogId%},{%contextdata.deliveryId%},{%contextdata.action%}&mcId={%%mcid%%}
    
  9. Add post body​チェックボックスを選択します。

  10. 追加投稿本文(例: { })。

  11. Content Type​に、application/json​と入力します。

  12. Timeout​で、「0」を選択します。

ポストバック

  1. Experience Platform Launchで、モバイルアプリケーションダッシュボードから「Rules」タブをクリックし、「Add Rule」をクリックします。

  2. 名前を入力します(例:ポストバック)。

  3. Events​セクションで、Add​をクリックします。

  4. 例えば、POIと入力する、POIと入力する、POIと入力するなどのイベントを作成します。 「Extension」ドロップダウンから「場所 — ベータ版」を選択します。 次に、Event type​ドロップダウンにPOI​または​出口POI​と入力します。

  5. 名前を入力します(例:場所 — ベータ — POI​または​出口POI)。

  6. Actions​セクションで、Add​をクリックします。

  7. Extension​ドロップダウンから​Mobile Core​を選択します。 次に、Action type​ドロップダウンから​Send postback​を選択します。

  8. 名前を入力します(例:Mobile Core - Send Location Postback)。

  9. URL​に次のURLを入力します。

    https://{%%camp-server%%}/rest/head/mobileAppV5/{%%pkey%%}/locations/
    
  10. Add post body​チェックボックスを選択し、投稿本文を追加します。例:

    {
    "locationData": {
        "distances": "{%%Distance%%}",
        "poiLabel": "{%%POILabel%%}",
        "latitude": "{%%Latitude%%}",
        "longitude": "{%%Longitude%%}",
        "appId": "{%%AppId%%}",
        "marketingCloudId": "{%%ECID%%}"
    }
    }
    
    メモ

    上の例では、データ要素の作成の手順を活用して、右側のデータ要素をExperience Platform Launchに設定する必要があります。 左側のデータ要素はAdobe Campaign Standardでサポートされており、設定は不要です。 追加のデータが必要な場合は、Adobe Campaign Standardでカスタムリソース拡張を行う必要があります。

  11. Content Type​に、application/json​と入力します。

  12. Timeout​で、「5」を選択します。

このページ