Adobe Campaign Standardユーザーインターフェイスでのプライバシー要求

Adobe Campaignオファーデータは、GDPR(General Data Protection Regulation)やCCPA(California Consumer Privacy Act)などのプライバシー行為に従って、PIIデータのプライバシーアクセスおよび削除の要求を実行する3つの方法を制御します。

  • プライバシーコアサービスの統合を使用:すべてのExperience Cloudソリューション に送信される Privacy Service プライバシー要求は、専用のワークフローを介してキャンペーンによって自動的に処理されます。プライバシーコアサービスからプライバシーリクエストを作成する方法については、Adobe Experience Platform Privacy Serviceを参照してください

  • API経由: Adobe Campaignは、RESTを使用したプライバシーリクエストの自動処理を可能にするAPIを提供します

  • Adobe Campaignインターフェイスを介して:各プライバシー要求 に対して、データコントローラーはAdobe Campaignに新しいプライバシー要求を作成します

メモ

ACS 19.4での変更:

Privacy Service統合は、すべてのアクセス要求と削除要求に使用する必要がある方法です。 19.4 以降、アクセス要求および削除要求に対する Campaign API およびインターフェイスの使用は廃止されます。廃止および削除された機能のCampaign Standardについて詳しくは、このページを参照してください。

個人情報の販売のオプトアウト(CCPA)

19.4 以降、Campaign インターフェイスおよび API で、「CCPA オプトアウト」フィールドが標準で提供されます。19.3の場合、この情報を活用するには、Adobe Campaign Standardでこのフィールドを作成する必要があります。 詳しくは、詳細なドキュメントを参照してください。

バージョンを確認するには、インターフェイスの右上にある ? アイコンをクリックし、「バージョン情報」を選択します。

ビデオTutorials

プライバシーリクエストの前提条件

  1. 名前空間の作成
  2. カスタムリソースの変更

Adobe Campaignのユーザーインターフェイスを通じて、プライバシーリクエストを作成、追跡、実行します。

その他のリソース

このページ