External Signal activity — パラメーターを使用してワークフローを呼び出す

External Signal activityは、同じ顧客ジャーニーの一部である異なるプロセスを別のワークフローに編成および調整するために使用します。 このアクティビティでは、あるワークフローを別のワークフローから起動できるので、さらに複雑なカスタマージャーニーをサポートできる一方、問題が発生した場合の監視と対応を改善することができます。

ACS 19.2では、External Signal activityはワークフローを呼び出すだけでなく、オーディエンスにパラメータ(ターゲットに対するワークフロー名、インポートするファイル名、メッセージコンテンツの一部など)を渡すこともできます。 を別のワークフローまたはREST API呼び出しから取得して、外部システムと統合できます。

また、この機能に対してテストを実行できる新しい​テスト​アクティビティも追加されました。

次のビデオでは、次の操作に必要な設定手順を説明します。

  1. コンテンツ管理システム(CRM)などの外部システムから外部 パラメータを受け取ります。

    • 外部シグナルアクティビティでパラメータを宣言する
    • API呼び出しを設定して、ワークフローの外部シグナルアクティビティのパラメータとトリガーを定義します。 API呼び出しの設定方法について詳しくは、シグナルアクティビティをトリガーするを参照してください。
  2. 外部パラメーターを使用したワークフローのカスタマイズ (イベント変数):

    ワークフローがトリガーされると、パラメーターはワークフローのイベント変数に取り込まれ、ワークフロー内で使用できます。 イベント変数を使用してカスタマイズできるすべてのアクティビティについては、ドキュメントを参照してください。

    • テストアクティビティの設定(19.2で導入された新機能)
    • 読み取りオーディエンスと電子メール配信アクティビティの設定
  3. 外部パラメーターを使用してワークフローを呼び出すようにエンド アクティビティを設定

その他のリソース

このページ