In-Appメッセージの紹介

In-App Messagingチャネルを使用すると、モバイルアプリケーション内でユーザーがアクティブな場合にメッセージを表示できます。 このチャネルを使用するには、モバイルアプリケーションをAdobe Experience Platform SDKと統合する必要があります。

このチュートリアルでは、モバイルプロパティの設定に必要な手順、In-App MessagingチャネルのLaunch拡張子、およびAdobe Campaign StandardでIn-Appメッセージを準備、カスタマイズ、送信する方法について説明します。 リンクからは、強調表示された各トピックのビデオチュートリアルに進むことができます。

前提条件

  1. In-App​チャネルにアクセスできることを確認します。 これらのチャネルにアクセスできない場合は、アカウントチームにお問い合わせください。

  2. ユーザー​が、Adobe Campaign StandardとLaunchで必要な​権限​を持っていることを確認します。

    1. Adobe Campaign Standardで、IMSユーザーがStandard UserおよびAdministratorグループに属していることを確認します。\

      この手順では、ユーザーがAdobe Campaign Standardにログインし、Experience PlatformSDKモバイルアプリページに移動して、Launchで作成したモバイルアプリのプロパティを表示できます。

    2. Launchで、IMSユーザーがLaunch製品プロファイルの一部であることを確認します。\

      この手順では、ユーザーがLaunchにログインして、プロパティを作成し表示できます。 Launchの製品プロファイルについて詳しくは、製品プロファイルの作成を参照してください。 製品プロファイルでは、会社やプロパティに権限が設定されていないはずですが、ユーザーはログイン可能です。

  3. Adobe Experience Platform Launch:

    1. モバイルプロパティを作成し、モバイルアプリをExperience PlatformSDKに実装して、モバイルアプリを作成します。
    2. モバイルアプリケーション用の​Adobe Campaign Standard​拡張機能をインストールします。

拡張機能について詳しくは、Adobe LaunchドキュメントのAdobeの起動でCampaign Standard拡張機能を設定するを参照してください。

In-Appメッセージを設定する手順

  1. Adobe Experience Platform SDK を使用したモバイルアプリの設定.

  2. イベントの設定

In-App配信を作成、管理、および公開

ホームページの​Create an In-App Message​カードをクリックして、Marketing Activitiesから1回だけアプリ内配信を作成できます。または、ワークフロー内でアプリ内配信を作成できます。

配信を設定する場合、異なる配信テンプレートから選択してターゲットを行うには、次の3つの方法があります。

  1. アプリ内メッセージをブロードキャストして、モバイルアプリのすべてのユーザーにターゲットします。

    このメッセージタイプを使用すると、Adobe Campaignに既存のプロファイルがない場合でも、モバイルアプリのすべてのユーザー(現在または将来)にメッセージを送信できます。 したがって、Adobe Campaignにユーザプロファイルが必ずしも存在しないので、メッセージをカスタマイズする場合は、パーソナライゼーションは不可能です。

  2. モバイルアプリのプロファイルに基づいて、すべてのユーザーをターゲットします。

    このメッセージタイプを使用すると、モバイルプロファイルをAdobe Campaignに持つモバイルアプリの既知ユーザーまたは匿名ユーザー全員をターゲットできます。 このメッセージタイプは、個人情報も機密性も含まない属性のみを使用してパーソナライズできるので、Mobile SDK と Adobe Campaign のアプリ内メッセージングサービスの間にセキュリティで保護されたハンドシェイクは必要ありません。したがって、パーソナライゼーション戦略は、ユーザーがデバイスとやり取りすることでユーザーについて学んだことに基づいています。 例えば、先週5回以上アプリを起動したすべてのユーザーにターゲットを送信します。

  3. Campaign プロファイルに基づいたターゲットユーザー.

    このメッセージタイプを使用すると、モバイルアプリケーションを購読しているターゲットAdobe Campaignプロファイル(CRMプロファイル)を使用できます。 メッセージは、使用可能なすべてのプロファイル属性を使用してAdobe Campaignでパーソナライズできますが、個人情報と機密情報を含むメッセージが権限のあるユーザーのみに使用されるように、モバイルSDKとキャンペーンのアプリ内メッセージサービスとの間で安全なハンドシェイクが必要です。

このテンプレートは、電子メールやプッシュなどの他のチャネルをターゲットにし、その応答に基づいて既にチャネルをアプリ内メッセージに関連付ける場合など、クロスユーザーオーケストレーションの使用例をサポートするのに役立ちます。

アプリ内配信に関するレポート

配信が公開されると、アプリ内配信に関するレポートを作成できます。

その他のリソース

このページ