ワークフロー内にIn-App配信を作成

アプリ内配信アクティビティは、通常、同じワークフローで計算されたターゲットオーディエンスへのIn-Appメッセージの送信を自動化するために使用されます。

受信者は、クエリ、交差などのターゲットアクティビティを介して、同じワークフローのアクティビティの上流に定義されます。

メッセージの準備は、ワークフロー実行パラメーターに従ってトリガーされます。メッセージダッシュボードから、手動で確認を行い、メッセージを送信するように要求できます(デフォルトでは必須)。 ワークフローは、手動で開始するか、ワークフロー内に「スケジューラー」アクティビティを配置して自動的に実行することができます。

その他のリソース

このページ