設定 Events

In-Appメッセージを設定する場合、表示するメッセージをユーザーが開始するアクショントリガーを定義する必要があります。 これらのアクションはeventsと呼ばれます。 eventsの3つのカテゴリを使用できます。Mobile Application events、Life Cycle events、およびAnalytics events。

Mobile Application Events

Mobile Application events は、モ custom events バイルアプリケーションに実装されるものです。

例:

  • 顧客が品目を閲覧した
  • 顧客が買い物かごに品目を追加
  • 買い物かごの放棄
  • 顧客が何かを購入した

これらのeventsは、Adobe Campaignで設定する必要があります。 次のビデオでは、この方法について説明します。

Life Cycle events

Lifecycle events は標準搭載で eventsす。次のeventsを使用できます。

  • launched
  • upgraded
  • crashed

使用例としては、アップグレード後の新機能を紹介するメッセージや、イベントのプロモーションなどがあります。

メモ

Lifecycle moduleは、モバイルアプリケーションで設定する必要があります。 アプリケーションにライフサイクルを追加する方法の詳細については、こちらを参照してください。

Analytics Events

モバイルアプリに実装されている機能に応じて、次の3つのカテゴリがサポートされます。

  • Adobe Analytics
  • Context data
  • View state
メモ

Analytics events にはAdobe Analyticsライセンスが必要です。Analytics 拡張機能を設定し、Analyticsをアプリに追加すると、ACSのIn-App設定でこれらのイベントを使用できるようになります。

その他のリソース

このページ