Adobe Experience Platformの理解Data Connector

メモ

この機能はベータ版で、予告なく頻繁に更新および変更される可能性があります。

この機能を実装する予定がある場合は、Adobe Customer Supportにお問い合わせください。

概要

Adobe Experience Platform Data Connectorは、既存のお客様がXTKデータ(Adobe Campaignで取り込んだデータ)をAdobe Experience PlatformのExperience Data Model (XDM)データにマッピングすることで、Adobe Experience Platformでデータを利用できるようにするのを支援します。

コネクタは一方向で、Adobe Campaign StandardからAdobe Experience Platformにデータを送信します。 データはAdobe Experience PlatformからAdobe Campaign Standardに送信されません。

Adobe Experience Platform Data Connectorは、Adobe Campaign Standard custom resourcesを理解し、顧客のデータスキーマ全体をAdobe Experience Platform内に配置する方法を理解できるデータエンジニアを対象としています。

このビデオでは、Adobe Experience Platformの概要を説 Data Connector 明します(9:35分)

メモ

subscription eventsの標準転送はサポートされていません。 subscription eventsを転送するには、対応するXDMとデータセットをAdobe Experience Platform上に作成し、これらのデータのカスタムデータマッピングを設定します。

既存のexperience eventsはAdobe Experience Platformに取り込むことはできませんが、継続的に生成されたexperience eventsはAdobe Experience Platformにストリーミングされます。

データマッピングを実行するための主な手順

次のチュートリアルでは、Adobe Experience PlatformとCampaign Standardの間でデータマッピングを実行する主な手順を説明します。

  1. カスタムリソースのマッピング
  2. エクスペリエンスイベントのマッピング
  3. シードテーブルデータのマッピング
  4. データマッピングの変更
  5. データ取り込みジョブのステータスの確認

その他のリソース

このページ