配信の実行

を送信中のトランザクションメッセージ

実行インスタンスは、エンリッチメントステージが完了し、イベントに配信テンプレートをリンクすると、配信を送信します。

メモ

MTA は、トランザクションメッセージの処理を他のどの配信よりも優先します。

すべての配信は、管理/プロダクション/Message Center/デフォルト/配信​フォルダーにまとめられます。

デフォルトでは、配信は配信月ごとにサブフォルダーに並べ替えられます。この並べ替えは、以下に示されるように、メッセージテンプレートのプロパティで変更することができます。

メモ

ホストインストールまたはハイブリッドインストールでは、Enhanced MTA にアップグレードしている場合、配信品質、スループットおよびバウンス処理を向上させるために、すべてのトランザクションメッセージも Adobe Campaign Enhanced MTA と共に送信される場合があります。この変更による影響はすべて、標準のマーケティングメッセージと同じです。

トランザクションメッセージの監視

トランザクションメッセージを監視するには、配信ログを確認します。

実行インスタンスから送信されるトランザクション配信は、1 時間ごとに実行されるテクニカルワークフロー(Message Center 実行インスタンス)を通じてコントロールインスタンスに同期されます。

メモ

配信は、イベント作成日ではなく、最新のイベント更新に基づいて、毎週イベントを累積します。したがって、コントロールインスタンスからトランザクションメッセージング配信ログを抽出する場合、各配信ログ ID に関連付けられている配信 ID は、ログが更新されると、時間の経過と共に変わる場合があります(例えば、イベントに対して受信したバウンス)。

実行インスタンスのアクティビティと実行の監視については、トランザクションメッセージレポートを参照してください。

このページ