イベントの収集

情報システムによって生成されたイベントは、次の 2 つのモードを使用して収集できます。

  • SOAP メソッドの呼び出しでは Adobe Campaign 内でイベントをプッシュすることができます。PushEvent メソッドはイベントを 1 つずつ送信し、PushEvents メソッドは複数のイベントを一度に送信します。イベントの説明を参照してください。
  • ワークフローを作成すると、ファイルのインポートまたは SQL ゲートウェイ経由(「Federated Data Access」オプションを使用)でイベントを復元することができます。

回収されたイベントは、テクニカルワークフローによって実行インスタンスのリアルタイムキューとバッチキューに分別され、メッセージテンプレートにリンクされるのを待つことになります。

メモ

実行インスタンス上では、リアルタイムイベント​フォルダーまたは​バッチイベント​フォルダーをビューとして設定しないでください。アクセス権の問題が発生するおそれがあるからです。 フォルダーをビューとして設定する方法について詳しくは、この節を参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now