イベントの収集

情報システムによって生成されたイベントは、次の 2 つのモードを使用して収集できます。

  • SOAP メソッドの呼び出しでは Adobe Campaign 内でイベントをプッシュすることができます。PushEvent メソッドはイベントを 1 つずつ送信し、PushEvents メソッドは複数のイベントを一度に送信します。イベントの説明を参照してください。
  • ワークフローを作成すると、ファイルのインポートまたは SQL ゲートウェイ経由(「Federated Data Access」オプションを使用)でイベントを復元することができます。

回収されたイベントは、テクニカルワークフローによって実行インスタンスのリアルタイムキューとバッチキューに分別され、メッセージテンプレートにリンクされるのを待つことになります。

メモ

実行インスタンス上では、リアルタイムイベント​または​バッチイベント​を表示として設定する必要はありません。これは、アクセス権の問題を引き起こす可能性があるためです。 フォルダーを表示として設定する方法について詳しくは、表示についてを参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free