パブリッククラウドへの移行に関する FAQ

Gold Standard Initiative の一環として、アドビでは従来のデータセンターを廃止します。 Campaign Classic インスタンスは、パブリッククラウド Amazon Web Services(AWS)に転送する必要があります。この取り組みについて詳しくは、こちらを参照してください。

このプロジェクトに関するよくある質問、Campaign 環境への影響、その他の役に立つリソースについては、以下を参照してください。

その他の質問については、アドビカスタマーケアにお問い合わせください。

インフラストラクチャへの影響

データベースおよびインフラストラクチャに対する全体的な影響を以下に示します。

  • データベースは変更されますか?新しいデータベースのバージョンは何ですか?使用するオペレーティングシステムは何ですか?

    アドビは、最適な状態で Adobe Campaign サービスを提供するために最も適したデータベース管理エンジンを選択し、デプロイする権利を有します。

    また、最高レベルのセキュリティを維持するために、インフラストラクチャに関する詳細な情報は提供しません。

  • データ損失のリスクはありますか?

    データベースは従来のデータセンターからダンプされ、パブリッククラウド(AWS)で復元されます。新しいデータセンターで再起動すると、アプリケーションは移行前と同じ状態から再開されます。一部のスケジュール済みタスクが遅延することを除いて、ユーザーが違いに気づくことはありません。

  • 従来のデータセンターとパブリッククラウドの間で、パッケージのサイズに違いはありますか?

    アドビでは、現在のデータベースサイズ、ディスクサイズなどに基づいて、新しいパッケージ定義を使用してパブリッククラウド(AWS)にプロビジョニングしています。例えば、従来のデータセンターに 1 つのアプリケーションサーバーを所有しているお客様は、パッケージ定義に基づいて、パブリッククラウド(AWS)内で 2 つのアプリケーションサーバーを使用します。

  • ビルド番号または Campaign バージョンは変わりますか?

    最初のステップとして、移行時に同じ Campaign Classic ビルドを維持します。

    次のステップで、最新の Campaign Classic GA ビルドにアップグレードします。詳しくは、ビルドアップグレードに関する FAQ および Campaign Gold Standard リリースノートを参照してください。

  • 移行後の問題に対処するために、どのようなプランがありますか?

    実稼働システムを移行する前に、広範なテストを実施します。問題が発生した場合は、アドビカスタマーケアが引き続き連絡窓口となります。アドビは、必要に応じて高度なサポートを提供できるように専門家チームを立ち上げています。

配信品質への影響

IP、ブロックリスト、サブドメインおよび URL に対する全体的な影響を以下に示します。

  • 許可リストの IP はどのように扱われますか?Campaign からの受信トラフィック用に、新しい IP アドレスを許可リストに追加する必要がありますか?

    アドビのサーバーの IP アドレスが変わります。そのため、新しい IP アドレスをお客様のシステムの許可リストに追加する必要がある場合があります。

    許可リストの IP について詳しくは、ここをクリックしてください。

  • SFTP/FTP アクセス用に許可リストに追加したポートはどのように扱われますか?

    SFTP 設定(公開鍵と許可リストの IP)も、従来のデータセンターからパブリッククラウド(AWS)に移行されます。お客様による対応は必要ありません。

  • IP は変わりますか?

    アドビのサーバーの IP アドレスが変わります。そのため、新しい IP アドレスをお客様のシステムの許可リストに追加する必要がある場合があります。

    許可リストの IP について詳しくは、ここをクリックしてください。

  • サブドメインのデリゲーションはどのように扱われますか?

    既存のサブドメインは、従来のデータセンターからパブリッククラウド(AWS)に移行されます。この部分は、移行プロセスの一環として、アドビの配信品質チームが処理します。

    アドビは、移行後に新しいパブリッククラウド(AWS)サーバーで設定が実行されるようにするために必要なテストをお客様に案内します。

  • 移行によって、トラッキング、リソースおよび web アプリケーション用の新しい URL が生成されますか?

    いいえ、既存の URL が保持されます。

  • サブドメインで neolane.net から campaign.adobe.com への変更はありますか?

    neolane.netcampaign.adobe.com の両方が移行後に配置されます。つまり、neolane.net はパブリッククラウド(AWS)の新しいインスタンスにリダイレクトされるので、お客様による変更は必要ありません。

  • IP ウォーミングはどうなりますか?

    まず第一に、アドビの担当部署がプラットフォームの配信品質ステータスを評価し、新しい IP への切り替え計画を助言します。

    移行後にウォームアップを行う必要はありません。例外的な状況では、アドビカスタマーケアからお客様に連絡いたします。

    ただし、稼動時に行われる最初のランプアップとは異なり、この計画は、この操作をビジネスに対して透過的なものにするためのものです。

    移行が完了すると、Campaign インスタンスの送信 IP は、まったく異なるものになります。スムーズな移行のために、アドビでは、古い IP から新しい IP にトラフィックを順次切り替えることで、新しい送信 IP のランプアップを実装します。

  • 許可リストの URL は移行されますか?

    はい。サーバー設定ファイルに保存されており、ソースから新しいインスタンスにコピーされます。

  • コミュニケーションのブランド化に使用するデリゲートされたサブドメインには、どのような影響がありますか?

    マーケティングコミュニケーションに使用されるサブドメインは同じままです。ただし、実装によっては、クライアント側で対応が必要になる場合があります。

    • サブドメインをアドビにデリゲートしている場合(デフォルト)、アドビがすべての変更を処理し、シームレスな移行を確実に行います。
    • CNAME セットアップ(例外)の場合、クライアントは、アドビと連携して変更を実装するように求められます。

設定と接続性への影響

許可リストの IP に関する注意事項

パブリッククラウドへの移行により、Adobe Campaign アプリケーションサーバーの IP が新しくなります。このため、IP の変更がアドビのサーバーとお客様の情報システムとの接続性に影響する可能性があります。

次の 2 つの場合について考えます。

  • インバウンドトラフィック:お客様のシステムまたは他のサードパーティから Adobe Campaign サーバーに対して開始されるすべてのネットワークアクティビティです。設定はアドビが実施し、移行時に従来の環境からパブリッククラウドにコピーされます。インバウンドトラフィックの接続は移行後もそのまま維持され、お客様側での対応は必要ありません。

  • アウトバウンドトラフィック:Adobe Campaign サーバーからお客様の情報システムまたは他のサードパーティ(例:SMS プロバイダー)に対して開始されるすべてのネットワークアクティビティです。お客様の組織で採用されているセキュリティポリシーに応じて、IP の変更に伴う許可リストの修正がお客様の情報システムまたは他のサードパーティで必要になる場合があります。

グローバルな影響

設定、他のシステムや製品との接続、API、タイムゾーンなどへの全体的な影響は次のとおりです。

  • 外部アカウントへの接続に移行の影響はありますか?

    はい。サードパーティ(SMS プロバイダーなど)との統合では、新しい Adobe Campaign アプリケーションサーバーの IP アドレスを許可リストに追加する必要があります。

  • Genesis Connector を使用して Adobe Analytics に接続する場合、移行の影響はありますか?Adobe Analytics 側の許可リストに Campaign の IP アドレスを 追加する必要がありますか?

    Adobe Campaign アプリケーションサーバーの IP アドレスが変更されます。この手順は、移行後にアドビカスタマーケアによって処理されます。

  • アドビの他のソリューション(AEM、Target など)に接続する場合、移行の影響はありますか?

    統合は、許可リストの IP アドレス設定と web サービスのアカウント設定の組み合わせで行われます。これについては、アドビカスタマーケアが責任を持ち所有します。

    アプリケーションサーバーの IP アドレスが変わるので、外部ソリューションで必要になる IP アドレスを許可リストに追加することになります。この情報は提供されます。統合のその他の部分は IMS ベースであり、そのまま機能します。

  • IMS 統合の組織 ID に関連付けられていない顧客はどうなりますか?

    IMS 統合されていないお客様には ID を提供します。IMS 組織 ID がインスタンスに関連付けられます。

  • マルチブランド設定は移行の影響を受けますか?

    サブドメインとすべての関連設定が従来のデータセンターからパブリッククラウド(AWS)に正しく移行またはリダイレクトされていれば、影響を考慮する必要はありません。

  • API 接続は移行の影響を受けますか?

    アドビのサーバーの IP アドレスが変わります。そのため、新しい IP アドレスをお客様のシステムの許可リストに追加する必要がある場合があります。

    許可リストの IP について詳しくは、ここをクリックしてください。

  • 移行後にすべての JavaScript メモリ設定パラメーターは正しく設定されますか?

    従来のデータセンターからパブリッククラウド(AWS)にインスタンス設定がコピーされるので、これらの値は移行後も保持されます。

  • 特定のファイル拡張子へのアクセスに対するリスクはありますか?

    お客様がフォントファイルや Outlook 会議ファイルをパブリックリソースフォルダーに読み込めるようにしたい場合があります。こうした設定は、現在の config-<instance>.xml ファイルで行われます。これは設定ファイルと共にコピーされます。

  • タイムゾーンは新しいサーバーで変更されますか?顧客は現在のタイムゾーンをそのまま使用できますか?

    新しいサーバーの場所に応じて変更される場合があります。ただし、お客様は現在のタイムゾーンをそのまま使用できます。

    Adobe Campaign Classic v7 のタイムゾーン管理について詳しくは、こちらをクリックしてください。

セキュリティと権限

このパブリッククラウド(AWS)への移行により、お客様の環境は、すべての必要なセキュリティ要件に基づいて最新の状態に維持されます。次のような要件があります。

  • 最新の OS および定期的なセキュリティパッチ
  • お客様ごとのインフラストラクチャの分離
  • ロードバランサー、ネットワークセキュリティルール、ストレージ暗号化などのクラウドインフラストラクチャをサポートするための管理されたセキュリティと監査のレビュー。

権限、証明書および SFTP アクセスに対する影響を以下に示します。

  • すべての証明書が新しいサーバーに移動されますか?

    はい、この移行ですべての証明書が移動されます。

  • 顧客に新しい SFTP アクセスキーを要求する必要はありますか?

    いいえ、SFTP アクセスキーは新しいサーバー上にそのままコピーされます。

  • SFTP 権限はどのように扱われますか?

    新しい SFTP サーバー、ユーザー、ディレクトリおよびファイルの権限レベルはまったく変わりません。

  • SFTP 接続を確立できなかった場合、顧客が運用を続けられるようにするために、どのような回避策や対策がありますか?

    接続に関して発生する可能性がある問題は、お客様側での許可リストに関するものだけです。お客様は、本番環境へ移行する前に、このテストを非本番環境で追加して動作することを確認する必要があります。

  • 移行が必要な、データセンター固有の許可リスト設定はありますか?

    いいえ、管理が必要なデータセンター固有の許可リスト設定はありません。

  • カスタムスクリプトは新しい環境で正常に実行されますか?

    お客様の実装では、カスタムスクリプト(Perl/Shell/Python/JavaScript)をワークフローで使用して、ファイルやフォルダーなどを操作できます。

    ホストされたインスタンスでは、スクリプトは JavaScript エンジンでのみ実行されます。これらの特定の実装は、セキュリティの欠陥やアップグレード後の問題の原因となる可能性があります。これらはサポートされていません。

  • IMS 統合を使用する場合、新しいインスタンスでそのまま機能しますか? それとも追加で設定を更新する必要がありますか?

    DNS 名は同じままですので、移行後も同じように機能します。

移行の実行

移行中の全体的な影響を以下に示します。

  • 移行中はマーケティングアクティビティを停止する必要がありますか?

    アドビでは、従来のデータセンターでアプリケーションをシャットダウンする直前に、配信とワークフローのすべての実行をスローダウンし理想的な状態で一時停止することをお勧めします。これにより、プロセスを「適切に」一時停止して進行中の実行状態を保存する時間を確保できるので、クラウドサーバー(AWS)での再起動が容易になります。

  • Adobe Campaign サービスのダウンタイムは想定されますか?

    移行では、プラットフォームのダウンタイムは避けられません。この計画の目的は、このダウンタイムを最小限に抑えられるようにすることです。

    データセンター間のデータ転送が、ダウンタイムのクリティカルパスになります。データは以下の 2 つの方法で保存されます。

    • 最も重要な、データベース
    • アプリケーションサーバー上のファイル(データのインポートとエクスポート)

    データの転送を高速化するには、データベースのサイズを小さくすることが最も重要です。提案:

    • 履歴データ(配信ログ、トラッキングログなど)の保持期間を短縮
    • 他のテーブル(配信、受信者、カスタムテーブル)の不要なレコードを削除
  • インスタンスの移行に伴う推定ダウンタイムはどれくらいですか?

    ダウンタイムは、お客様のデータベースおよび SFTP ファイルストレージのサイズに完全に依存します。推定期間については、カスタマーケアの担当者にお問い合わせください。

  • 従来のサーバーから送信されたメッセージについてはどうですか? リンクは常にアクセス可能ですか?

    移行実行中は、1 つのサービス(E メールリンクのリダイレクト)のみが機能し続けます。すべての受信者は、E メール内をクリックするとランディングページにアクセスできます。ただし、これらのクリックはトラッキングされないので、移行の直前に開始された配信のクリック率は通常より低くなります。

  • ミッドソーシング/RT 環境についてはどうですか?

    ミッドソーシングと RT は、ホストされている他のインフラストラクチャ要素として扱われます。

  • 移行はどのような順序で行われますか?

    環境は以下の順序で移行されます。

    1. 開発環境
    2. ステージング環境
    3. 実稼働環境
    4. RT 環境
    5. ミッドソーシング環境
  • ロールバックプランはどうなりますか?

    ロールバックプランでは、DNS を元に戻し、ソースデータベースを読み取り専用から読み取り/書き込みに戻します。最終的には自動化されます。

  • 移行後も、古いインスタンスにアクセスできますか?

    アプリケーションの移行が完了したら、従来のデータセンターで再びプロセスを実行することはありません。スケジュールされたバックアッププロセスがパブリッククラウド(AWS)で実行されるまでは、一時的なバックアップを除き、レガシーデータセンター上のすべてのデータを消去できると考えられます。

  • パブリッククラウドへの移行後、各インスタンスのテストに許される時間はどれくらいですか?

    お客様の環境の複雑さによりますが、ステージング環境の移行と実稼働環境の移行の間に少なくとも 1 週間の時間が必要です。

  • 許可リストへの新しい IP の追加は誰が行いますか?

    お客様およびサードパーティが確実に新しいシステムにアクセスできるよう、アドビカスタマーケアチームが新しい IP を許可リストに登録します。

サポートリンクおよびその他の役立つリンク

このページ