v7 v8

シードアドレスの作成

最終更新日: 2023-09-01
  • トピック:
  • Seed Address
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • User
    Developer

シードアドレスの管理には、標準的なプロファイルやターゲットではなく、Adobe Campaign 階層構造の​リソース/キャンペーン管理/シードアドレス​でアクセスできる専用ノードを使用します。

このノードには、シードアドレスを整理するためのサブフォルダーを作成できます。そのためには、シードアドレス​ノードを右クリックし、「新しい「シードアドレス」フォルダーを作成」を選択します。サブフォルダーに名前を付け、Enter キーを押して確定します。これで、作成したサブフォルダー内にシードアドレスを作成したり、別の場所からシードアドレスをコピーしたりできるようになります。詳しくは、アドレスの定義を参照してください。

Adobe Campaign では、シードアドレスのテンプレートも作成可能です。配信やキャンペーンにシードアドレスのテンプレートをインポートし、その配信やキャンペーンの具体的なニーズに応じて変更を加えることができます。シードアドレステンプレートの作成を参照してください。

アドレスの定義

シードアドレスを作成するには、以下の手順に従います。

  1. シードアドレスのリストの上にある「新規」ボタンをクリックします。

  2. そのアドレスに関連するデータを、「受信者」タブの該当するフィールドに入力します。使用可能なフィールドは、姓、名、E メールなど、配信受信者のプロファイル(nms:recipient テーブル)の標準的なフィールドに対応します。

    メモ

    アドレスのラベルには、定義した姓と名が自動的に入力されます。

    シードアドレスを作成する際、各タブのすべてのフィールドに情報を入力する必要はありません。入力されていないパーソナライゼーション要素は、配信分析時にランダムに入力されます。

  3. アドレスフィールド」タブでは、分析フェーズの配信ログ(nms:broadLog テーブル)に記録される値を入力します。

  4. 追加データ」タブでは、データ管理ワークフローで作成される配信のためのパーソナライゼーションデータや、特定の値を設定しておく必要があるパーソナライゼーションデータを入力します。

    メモ

    追加のターゲットデータが、「エンリッチメント」アクティビティで「@」で始まるエイリアスで定義されていることを確認してください。そうでない場合、配信アクティビティのシードアドレスで正しく使用できなくなります。

シードアドレステンプレートの作成

インポートされ、配信ごとに変更可能なアドレステンプレートを作成するためのプロセスは、新しいシードアドレスを定義する場合のプロセスと同様です。唯一の違いは、シードアドレステンプレートのアドレスを「テンプレート」タイプのフォルダーに格納する必要があることです。

テンプレートフォルダーを定義するには、次の手順に従います。

  1. 新しい​シードアドレス​タイプのフォルダーを作成します。そのフォルダーを右クリックし、「プロパティ…」を選択します。

  2. 制限」タブをクリックし、フィルター条件 @isModel = true を追加します。

    これにより、このフォルダーに格納したアドレスをアドレステンプレートとして使用できるようになります。これらを配信またはキャンペーンにインポートし、該当する配信およびキャンペーンに特有のニーズに基づいて変更することができます(シードアドレスの追加を参照)。

このページ