シードアドレスについて

シードアドレスは、定義されたターゲット条件に合わない受信者を配信のターゲットにする場合に使用されます。これにより、配信スコープ外の受信者が他のターゲット受信者と同様に配信を受信することができます。

これらを使用する主な理由の 1 つが、メーリングリスト保護​です。メーリングリストにシードアドレスを挿入すると、メーリングリストに送信された配信をシードアドレスが受信するので、第三者によってメーリングリストが使用されているかどうかを知ることができます。

さらに、シードアドレスを使用すると、配達確認を送信することで、送信前に​配信のパーソナライゼーションとレンダリングをプレビューおよびテスト​できます(配達確認としてのシードアドレスの使用を参照)。

ビデオでこの機能を確認する

シードアドレス機能には次のメリットがあります。

  • 受信者プロファイルから取得したデータを使用してランダムにフィールドを置換できます。例えば、シードアドレスセクションなどの E メールアドレスを入力するだけで、プロファイルに基づいて他のフィールドの値を自動的に設定できます(使用例:フィールド置換の設定を参照)。
  • データ管理機能を利用するワークフローを使用する場合、配信で処理される追加のデータをシードアドレスのレベルで入力し、値を強制できます。これにより、ランダムな値による置換を回避します。
  • シードアドレスは、クリック数開封数購読解除​の配信統計に関するレポートからは自動的に除外されます。

シードアドレスをインポートするか、配信またはキャンペーン上で直接作成すると、シードアドレスが配信のターゲットに追加されます。

メモ

シードアドレスは受信者テーブルに属さず、別のテーブルに作成されます。新しいデータで受信者テーブルを拡張する場合、シードアドレステーブルも同じデータで拡張する必要があります。そうしないと、拡張されたフィールドはシードアドレスでは考慮されません。

シードアドレステーブルの拡張方法の例については、使用例:条件によるシードアドレスの選択の節で説明しています。

ダイレクトメール配信の場合、シードアドレスは抽出時に追加され、出力ドキュメントに織り込まれます。

重要

ダイレクトメール配信の場合は、抽出ファイルフォーマットは次の制限事項に従っている必要があります。

  • グループを処理(GROUP BY + HAVING)」オプションは使用できません。
  • 要素のコレクションが抽出される場合、「単一行(エキスパートユーザー)」オプションをオンにしない限り、それらのフィールドのシードアドレスの値は空になります。詳しくは、この節を参照してください。

このページ