ターゲットマッピングの選択

配信テンプレートのデフォルトのターゲットは「受信者」です。したがって、ターゲットマッピングには nms:recipient テーブルのフィールドが使用されます。Adobe Campaign では、必要に応じて、これ以外のターゲットマッピングを配信に使用することもできます。

マッピングの選択肢は次のとおりです。

名前 用途 標準スキーマ
受信者 Adobe Campaign データベースの受信者に対する配信 nms:recipient
訪問者 訪問者、つまり紹介(バイラルマーケティング)やソーシャルネットワーク(Facebook、Twitter)などの方法で収集したプロファイルに対する配信 mns:visitor
購読 ニュースレターなどの情報サービスを購読している受信者に対する配信 nms:subscription
訪問者の購読 情報サービスを購読している訪問者に対する配信 nms:visitorSub
サービス Twitter アカウントや Facebook ページでの公開 nms:service
オペレーター Adobe Campaign オペレーターに対する配信 nms:operator
外部ファイル 配信に必要な情報をすべて含んだファイルを経由しての配信 リンクされるスキーマなし、入力されるターゲットなし
メモ

新しいターゲットマッピングを作成することもできます。ただし、この操作はエキスパートユーザー向け機能として用意されています。詳しくは、設定ガイドを参照してください。

このページ