検証

配信を検証する際のグローバル概念については、この節で説明しています。

ダイレクトメール配信の出力ファイルは、配信分析中に生成されます。ファイルの内容は、選択した出力列によって異なります(抽出ファイルを参照)。

メモ

分析フェーズについて詳しくは、配信の分析で説明しています。

分析フェーズではファイルが生成されますが、受信者に関する情報(配信ログなど)は更新されません。したがって、このジョブをキャンセルしても問題は発生しません。

分析の結果と、出力ファイルのコンテンツをチェックしてから、「配信を確定」をクリックします。配信の開始を確認するメッセージが表示されます。

送信を確認すると、指定したファイルへのデータ抽出が開始されます。

その後、ウィザードを閉じて、配信の詳細情報から「配信」タブを開くと、配信ログを参照できます。

配信ログの取得モードは、配信プロパティの「分析」タブで設定できます。

取得モードには次の 2 種類があります。

  • メッセージは検証後に送信されたものとみなされます(デフォルトのモード):この機能モードでは、オペレーターが送信を確認すると、すべてのブロードログが更新され(ステータスが「配信待ち」から「送信済み」に変化します)、配信は自動的に「完了」に設定されます。

  • 結果ファイルに、送信されたメッセージやエラーメッセージが記述されています:このモードでは、サービスプロバイダーから送信された外部ファイルを使用してブロードログを更新できます。その場合、ブロードログのステータスを更新するには、この情報を処理するためのワークフローが必要です。

    メモ

    また、ブロードログが更新されしだい、ユーザーが配信のステータスを「完了」に変更する必要もあります。

このページ