Apple 停止後の誤ったハードバウンスの更新

コンテキスト

2021 年 4 月 26 日、Apple のグローバルな問題により、Apple の有効なメールアドレスに送信された一部のメールメッセージが、無効なメールアドレスとして Apple のサーバーから誤ってハードバウンスされ、「550 5.1.1 [メールアドレス]: user lookup success but no user record found.(ユーザー参照に成功しましたが、ユーザーレコードが見つかりませんでした)」というバウンス応答が返される障害が発生しました。

この問題は 4 月 26 日に発生し、米国東部標準時(EST)の午前 7 時から午後 1 時まで続きました。

メモ

このページで Apple システム状況ダッシュボードを確認できます。

ISP が機能停止した場合、Campaign を通じて送信されたメールは、受信者に正常に届きません。これらのメールは誤ってバウンスと見なされます。

Adobe Campaignは、標準のバウンス処理ロジックに従って、これらの受信者を強制隔離リストに自動的に追加し、ステータス​を​強制隔離​に設定しました。 この問題を修正するには、Campaign の強制隔離テーブルを更新する必要があります。それには、該当する受信者を特定して削除するか、ステータス​を​有効​に変更して、夜間のクリーンアップワークフローで削除する必要があります。

この問題の影響を受けた受信者を特定する場合や、他の ISP で同じ状況が発生する場合は、以下の手順を参照してください。

更新処理

強制隔離テーブルに対してクエリを実行して、機能停止の影響を受けた可能性のある Apple の受信者(@icloud.com、@me.com、@mac.com を含む)をすべて除外する必要があります。それにより、該当する受信者を強制隔離リストから削除し、Campaign による今後のメール配信の対象に含めることができるようになります。

インシデントの期間に基づいて、このクエリの推奨ガイドラインを以下に示します。

重要

これらの日時は、米国東部標準時(EST)に基づいています。 お使いのインスタンスのタイムゾーンに合わせて調整してください。

  • 強制隔離リストの​エラーテキスト​フィールドに SMTP バウンス応答情報が含まれている Campaign インスタンスの場合:

    • エラーテキスト(強制隔離テキスト)​に「user lookup success but no user record found」が含まれ、かつ​エラーテキスト(強制隔離テキスト)​に「support.apple.com」が含まれている
    • 更新ステータス(@lastModified)​が 2021 年 4 月 26 日午前 07:00:00 以降
    • 更新ステータス(@lastModified)​が 2021 年 4 月 26 日午後 01:00:00 以前
  • 強制隔離リストの​エラーテキスト​フィールドにインバウンド E メールのルール情報が含まれている Campaign インスタンスの場合:

    • エラーテキスト(強制隔離テキスト)​に「Momen_Code10_InvalidRecipient」が含まれる
    • メールドメイン(@domain)​が icloud.com と等しいか、または​メールドメイン(@domain)​が me.com と等しいか、または​メールドメイン(@domain)​が mac.com と等しい
    • 更新ステータス(@lastModified)​が 2021 年 4 月 26 日午前 07:00:00 以降
    • 更新ステータス(@lastModified)​が 2021 年 4 月 26 日午後 01:00:00 以前

影響を受けた受信者のリストを取得したら、ステータスを​有効​に設定して​データベースクリーンアップ​ワークフローにより強制隔離リストから削除されるようにするか、テーブルからただ削除します。

関連トピック:

このページ