配信パフォーマンスのベストプラクティス

配信の問題が発生した場合の配信パフォーマンスを確保すると共に、パフォーマンスの確認に以下のガイドラインに従うことをお勧めします。

関連トピック:

パフォーマンスのベストプラクティス

  • 配信を失敗した状態のままインスタンス上で放置すると、一時テーブルが維持され、パフォーマンスに影響が生じるため、配信を失敗した状態のまま放置しないでください。

  • 不要になった配信を削除します。

  • 過去 12 ヶ月間にアクティブでない受信者は、アドレスの質を維持するためにデータベースから削除されます。

  • 大規模な配信を同時にスケジュールしないようにしてください。負荷がシステム全体で均等に分散されるまでには、5 ~ 10 分かかります。他のチームメンバーと話し合い、最適なパフォーマンスが得られるように配信スケジュールを調整します。マーケティングサーバーが様々なタスクをいくつも同時に処理していると、パフォーマンスが低下することがあります。

  • E メールのサイズをできるだけ小さくします。E メールの推奨最大サイズは約 35 KB です。送信サーバー上に生成されるボリュームは、E メール配信の規模によって決まります。

  • 受信者数が 100 万人を超える大規模配信の場合は、送信キューにそれだけのスペースが必要です。これだけでサーバーに問題が生じるわけではありませんが、他の多数の大規模配信も同時におこなわれると、送信に遅れが生じる場合があります。

  • E メールのパーソナライゼーションでは、データベースから各受信者のデータを取り出します。パーソナライゼーション要素が多数ある場合は、配信の準備に必要なデータの量もそれだけ多くなります。

  • アドレスへのインデックスの追加.このアプリケーションで使用する SQL クエリのパフォーマンスを最適化するには、データスキーマのメイン要素からインデックスを宣言します。

メモ

ISP は、操作がない状態が続くアドレスを無効にします。この新しいステータスについての通知を送信者に送信するために、バウンスメッセージが送信されます。

パフォーマンス問題のチェックリスト

配信のパフォーマンスが悪い場合は、次の項目を確認できます。

  • 配信のサイズ:サイズの大きい配信は、完了までに時間がかかることがあります。MTA の子はデフォルトのバッチサイズを処理するように設定されます。この設定はほとんどのインスタンスで機能しますが、配信が頻繁に遅くなる場合はチェックする必要があります。
  • 配信のターゲット:配信パフォーマンスはソフトバウンスエラーの影響を受けることがあり、再試行設定に従って処理されます。エラーの数が多いと、より多くの再試行が必要になります。
  • プラットフォーム全体の負荷:大きな配信を複数送信すると、プラットフォーム全体に影響することがあります。IP レピュテーションと配信品質の問題もチェックできます。詳しくは、この節アドビの配信品質のベストプラクティスガイドを参照してください。

プラットフォームとデータベースのメンテナンスも、配信の送信パフォーマンスに影響することがあります。詳しくは、このページを参照してください。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now