LINE 配信の作成

メモ

LINE は、オンプレミスインストールまたは管理されたサービスインストールでのみ使用できます。

LINE は、無料のインスタントメッセージング、音声、ビデオ通話用のアプリケーションで、すべてのモバイル OS と PC で利用できます。

また LINE は、コンシューマー向けモバイルデバイスにインストールされた LINE アプリでリアルタイムメッセージを送信するために、トランザクションメッセージモジュールと組み合わせることができます。詳しくは、このページを参照してください。

LINE チャネルを使用する手順は次のとおりです。

  1. LINE チャネルの設定
  2. 配信の作成
  3. コンテンツタイプの設定
  4. 配信の監視(トラッキング、強制隔離、レポートなど)

LINE チャネルの設定

LINE アカウントと外部アカウントを作成する前に、まず LINE パッケージをインスタンスにインストールする必要があります。詳しくは、インストールガイドの LINE の節を参照してください。

まず、Adobe Campaign にリンクできるように、LINE アカウントを作成する必要があります。LINE アカウントをモバイルアプリケーションで追加したユーザーに LINE メッセージを送信できます。外部アカウントと LINE アカウントは、プラットフォームの機能管理者のみが管理できます。

LINE アカウントを作成して設定する方法については、LINE デベロッパードキュメントを参照してください。

LINE サービスの作成と設定

LINE サービスを作成するには:

  1. Adobe Campaign Classic のホームページから「プロファイルとターゲット」タブを選択します。

  2. 左側のメニューで、「サービスと購読」を選択し、「作成」をクリックします。

  3. ラベル​と​内部名​を新しいサービスに追加します。

  4. タイプ」ドロップダウンから「LINE」を選択します。

  5. 保存」をクリックします。

購読とサービスの詳細については、「購読の管理」を参照してください。

LINE 外部アカウントの設定

LINE サービスを作成した後、Adobe Campaign 上で LINE 外部アカウントを設定する必要があります。

  1. 管理プラットフォーム​ツリー構造で、「外部アカウント」タブをクリックします。

  2. 組み込みの LINE V2 ルーティング​外部アカウントを選択します。

  3. 外部アカウントの「LINE」タブをクリックし、外部アカウントの設定開始に移動します。次のフィールドに入力します。

    • Channel エイリアスチャネル/「技術的設定」タブの LINE アカウント経由で提供されます。
    • Channel IDチャネル/「基本情報パネル」タブの LINE アカウント経由で提供されます。
    • Channel 秘密鍵チャネル/「基本情報パネル」タブの LINE アカウント経由で提供されます。
    • アクセストークン:開発者ポータルの LINE アカウント経由で提供されるか、または「アクセストークンを取得」ボタンをクリックすることで提供されます。
    • アクセストークンの有効期限:アクセストークンの有効期限日を指定できます。
    • LINE 購読サービス:ユーザーがどのサービスを購読するかを指定できます。
  4. 設定が完了したら、「保存」をクリックします。

  5. エクスプローラー​から、管理プロダクションテクニカルワークフローLINE ワークフロー​を選択して、LINE V2 アクセストークンの更新(updateLineAccessToken)​と​ブロックした LINE ユーザーを削除(deleteBlockedLineUsers)​ワークフローが開始されているかどうかを確認します。

LINE が Adobe Campaign で設定され、LINE 配信の作成と購読者への送信を開始できます。

LINE 配信の作成

メモ

新しい受信者に LINE 配信を初めて送信する場合は、利用条件と配信への同意に関する公式 LINE メッセージを追加する必要があります。公式メッセージは、次のリンクから入手できます。

LINE 配信を作成するには、次の手順に従う必要があります。

  1. キャンペーン」タブで、「配信」を選択し、「作成」ボタンをクリックします。

  2. LINE V2 配信​配信テンプレートを選択します。

  3. ラベル配信コード​および​説明​を設定して配信を識別します。詳しくは、この節を参照してください。

  4. 続行」をクリックして配信を作成します。

  5. 配信エディターで、「宛先」を選択して LINE 配信の受信者をターゲットします。ターゲティングは、訪問者の購読(複数)(nms:visitorSub)​でおこなわれます。

    詳しくは、ターゲット母集団の識別を参照してください。

  6. 追加」をクリックして、「配信ターゲット母集団」を選択します。

  7. LINE 購読者を直接ターゲットするか LINE 購読に応じてユーザーをターゲットするかを選択し、「次へ」をクリックします。この例では、「LINE V2 購読別」を選択しています。

  8. フォルダー」ドロップダウンで「Line-V2」を選択し、LINE サービスを選択します。「完了」、「OK」の順にクリックして、配信のパーソナライズを開始します。

  9. 配信エディターで、「追加」をクリックして 1 つまたは複数のメッセージを追加し、コンテンツタイプ​を選択します。

    利用可能な様々な​コンテンツタイプ​について詳しくは、コンテンツタイプの定義を参照してください。

  10. 配信を正しく作成して設定すると、事前に定義したターゲットに送信することができます。

    配信の送信について詳しくは、メッセージの送信を参照してください。

  11. メッセージを送信した後、レポートにアクセスして配信の有効性を測定します。

    LINE レポートの詳細については、レポートへのアクセスを参照してください。

コンテンツタイプの定義

LINE 配信のコンテンツを定義するには、最初にメッセージタイプを配信に追加する必要があります。それぞれの LINE 配信には最大で 5 件のメッセージを含めることができます。

次の 3 つのメッセージタイプから選択できます。

テキストメッセージ配信の設定

メモ

<%@ include option='NmsServer_URL' %>/webApp/APP3?id=<%=escapeUrl(cryptString(visitor.id))%> の構文によって、LINE メッセージに Web アプリへのリンクを含めることができます。

テキストメッセージ​の LINE 配信は、テキスト形式で受信者に送信されるメッセージです。

このタイプのメッセージの設定は、E メールの​テキスト​の設定と類似しています。詳しくは、このページを参照してください。

画像とリンク​の LINE 配信は、1 つまたは複数の URL を含む可能性のある画像形式で受信者に送信されるメッセージです。

以下を使用できます。

  • パーソナライズされた画像

    メモ

    %SIZE% 変数を使用すると、受信者のモバイルデバイスの画面サイズに応じて画像の表示を最適化できます。

  • デバイスの画面サイズごとの画像 URL

    デバイスの画面サイズごとに画像を定義」オプションを使用すると、様々な画像解像度を使用して、モバイルデバイス上の配信の視認性を最適化できます。同じ高さと幅の画像のみがサポートされます。

    画像は、画面サイズに従って定義できます。

    • 1040 px
    • 700 px
    • 460 px
    • 300 px
    • 240 px
    注意

    1040 x 1040 px サイズは、リンクを含むすべての LINE 画像に必須です。

    次に、受信者のモバイルデバイスにポップアップ表示される代替テキストを追加する必要があります。

  • リンク

    リンク」セクションでは、画像を複数のクリック可能な領域に分割する様々なレイアウトから選択できます。それぞれに専用の​リンク URL を割り当てることができます。

ビデオメッセージ配信の設定

ビデオメッセージ LINE 配信は、URL を含むビデオの形式で受信者に送信されるメッセージです。

プレビュー画像 URL」フィールドを使用すると、プレビュー画像の URL を追加できます。文字数の制限は 1000 です。ファイルサイズの上限が 1 MB の JPEG と PNG がサポートされます。

ビデオ画像 URL フィールドを使用すると、文字数制限が 1000 のビデオファイルの URL を追加できます。ファイルサイズの上限が 200 MB の mp4 形式のみがサポートされます。

一部のデバイスで再生すると、幅の広いビデオや高いビデオが断ち切れる場合があります。

レポートへのアクセス

配信を送信した後、エクスプローラー​の​キャンペーン管理配信​で LINE レポートを表示できます。

メモ

トラッキングレポートはクリックスルー率を示しています。LINE では開封率は考慮されません。

LINE サービスレポートの場合は、「エクスプローラー」タブから、プロファイルとターゲットサービスと購読LINE-V2 にアクセスします。次に LINE サービスで「レポート」アイコンをクリックします。

例:パーソナライズされた LINE メッセージの作成と送信

この例では、受信者に応じてパーソナライズされるデータを含んだテキストメッセージと画像を作成して設定します。

  1. Campaign」タブから「作成」ボタンをクリックして LINE 配信を作成します。

  2. LINE V2 配信」配信テンプレートを選択して、配信に名前を付けます。

  3. 配信の設定ウィンドウで、ターゲット母集団を選択します。

    詳しくは、ターゲット母集団の識別を参照してください。

  4. 追加」をクリックしてメッセージを作成し、コンテンツタイプ​を選択します。

    ここでは、最初に​テキストメッセージ​を作成します。

  5. パーソナライズされたテキストを挿入する位置にカーソルを置き、ドロップダウンアイコンをクリックしてから、訪問者​を選択します。

  6. 画像を追加するために同じ手順を繰り返し、「メッセージタイプ」ドロップダウンで「画像とリンク」を選択します。

    画像の URL を追加します。

  7. リンク」セクションで、画像を複数のクリック可能な領域に分割するレイアウトを選択します。

  8. 画像の各領域に URL を割り当てます。

  9. 配信を保存してから「送信」をクリックし、分析を実行してターゲットに送信します。

    配信がターゲットに送信されます。

このページ