受信ボックスレンダリング

受信ボックスレンダリングについて

送信」ボタンを押す前に、様々な Web クライアント、Web メールおよびデバイスで受信者へのメッセージの表示が最適化されていることを確認してください。

これを可能にするために、Adobe Campaign では、Litmus の Web ベースの E メールテストソリューションを活用して、レンダリングをキャプチャし、専用のレポートで使用できるようにします。これにより、異なるコンテキストで受信される可能性のある送信済みのメッセージをプレビューして、メジャーなデスクトップおよびアプリケーションの互換性を確認できます。

Litmus は、多機能 E メール検証およびプレビューアプリケーションです。E メールコンテンツ作成者は、Gmail 受信トレイや Apple Mail クライアントなど、70 を超える E メールレンダラーでメッセージコンテンツをプレビューできます。

Adobe Campaign の「受信ボックスレンダリング」で使用できるモバイル、メッセージングおよび Web メールクライアントは、Litmus の Web サイトに記載されています(「View all email clients」をクリックしてください)。

メモ

受信ボックスレンダリングは、配信のパーソナライゼーションをテストするには必要ありません。パーソナライゼーションは、プレビュー​および配達確認などの Adobe Campaign ツールで確認できます。

受信ボックスレンダリングを有効にする

ホストクライアントおよびハイブリッドクライアントの場合、受信ボックスレンダリングはアドビのテクニカルサポートおよびコンサルタントがインスタンスに設定します。詳しくは、アドビのアカウント担当者にお問い合わせください。

オンプレミスインストールの場合は、次の手順に従って受信ボックスレンダリングを設定します。

  1. 受信ボックスレンダリング(IR)​パッケージをインストールするには、ツール詳細設定パッケージをインポート​メニューを使用します。詳しくは、Campaign Classic 標準パッケージのインストールを参照してください。

  2. HTTP タイプの外部アカウントは、管理プラットフォーム外部アカウント​ノードで設定します。詳しくは、外部アカウントの作成を参照してください 。

  3. 外部アカウントのパラメーターを次のように設定します。

    • ラベル:配信品質サーバー情報
    • 内部名: deliverabilityInstance
    • タイプ: HTTP
    • サーバー: https://deliverability-app.neolane.net/deliverability
    • 暗号化:なし
    • 有効」オプションをオンにします。

  4. 管理プラットフォームオプション​ノードに移動します。「DmRendering_cuid」オプションを検索します。サポートに連絡して、値 (テキスト) フィールドにコピーする必要のある、配信レポートの識別子を取得します。

  5. serverConf.xml ファイルを編集して、Litmus サーバーへの呼び出しを許可します。次の行を <urlPermission> セクションに追加します。

    <url dnsSuffix="deliverability-app.neolane.net" urlRegEx="https://.*"/>
    
  6. 次のコマンドを使用して、設定を再読み込みします。

    nlserver config -reload
    
メモ

受信ボックスレンダリングを使用するには、コンソールからログアウトし、再度ログインする必要がある場合があります。

Litmus トークンについて

Litmus はサードパーティのサービスなので、使用量ごとのクレジットモデルで機能します。ユーザーが Litmus 機能を呼び出すたびに、クレジットが差し引かれます。

Adobe Campaign では、クレジットは、使用可能なレンダリングの数(トークンと呼ばれる)に対応しています。

メモ

使用可能な Litmus トークンの数は、購入した Campaign ライセンスによって異なります。ライセンス契約を確認してください。

配信で​受信ボックスレンダリング​機能を使用して各レンダリングを生成するたびに、使用可能なトークンが 1 つずつ減ります。

重要

トークンは、受信ボックスレンダリングレポート全体ではなく、個々のレンダリングから成ります。つまり、

  • 受信ボックスレンダリングレポートが生成されるたびに、メッセージングクライアントあたり 1 つのトークンが差し引かれます(Outlook 2000 レンダリングに 1 トークン、Outlook 2010 レンダリングに 1 トークン、Apple Mail 9 レンダリングに 1 トークン、というようになります)。
  • 同じ配信について、受信ボックスレンダリングを再生成する場合、使用可能なトークンの数は、生成したレンダリングの数だけ再度減ります。

残りの使用可能なトークンの数は、受信ボックスレンダリングレポートの​一般概要​に表示されます。

通常、受信ボックスレンダリング機能は、新しくデザインされた E メールの HTML フレームワークをテストするために使用されます。各レンダリングには、最大で約 70 トークンが必要です(通常テストされる環境の数による)。ただし、場合によっては、配信を完全にテストするために、複数の受信ボックスレンダリングレポートが必要なことがあります。そのため、複数の確認を完了するために、さらにトークンが必要になる可能性があります。

受信ボックスレンダリングレポートへのアクセス

E メール配信を作成し、そのコンテンツとターゲット母集団を定義したら、以下の手順に従います。

配信の作成、デザインおよびターゲティングについて詳しくは、この節を参照してください。

  1. 配信の上部のバーで、「受信ボックスレンダリング」ボタンをクリックします。

  2. 分析」を選択してキャプチャプロセスを開始します。

    配達確認が送信されます。E メール送信後数分で、その配達確認からレンダリングサムネイルにアクセスできます。配達確認の送信について詳しくは、この節を参照してください。

  3. 送信後、配達確認は配信リストに表示されます。ダブルクリックします。

  4. 配達確認の「受信ボックスレンダリング」タブに移動します。

    受信ボックスレンダリングレポートが表示されます。

受信ボックスレンダリングレポート

このレポートには、受信者に表示される受信ボックスレンダリングが表示されます。レンダリングは、ブラウザー、モバイルデバイス、E メールアプリケーションなど、受信者がどの方法で E メール配信を開くかによって異なります。

General summary」には、受信済みメッセージ、不要なメッセージ(スパム)、受信されていないメッセージまたは受信が保留されているメッセージの数がリストとしてグラフィカルに色分けされて表示されます。

グラフに上にマウスポインターを置くと、各色の詳細が表示されます。

レポートの本文は、モバイルメッセージクライアントWeb メール​の 3 つの部分に分けられています。レポートを下へスクロールすると、これらの 3 つのカテゴリにグループ化されたすべてのレンダリングが表示されます。

各レポートの詳細を表示するには、対応するカードをクリックします。選択した受信方法のレンダリングが表示されます。

このページ