メッセージコンテンツの制御

E メールが受信者に確実に届くようにし、E メールの配信品質率を向上させるには、E メールがいくつかのルールに従う必要があります。 従わない場合は、特定のメッセージのコンテンツがスパムとして検出される可能性があります。 Adobe Campaign には、コンテンツがこれらのルールに従うようにするためのツールがいくつか用意されています。

メッセージのコンテンツを設計する際は、以下の原則に従います。

  • 送信者のアドレス:アドレスは送信者を明示的に識別する必要があります。ドメインは、送信者に所有および登録されている必要があります。ドメイン登録は非公開にはしません。
  • パーソナライゼーション:受信者ごとにコンテンツをパーソナライズし送信時間を定義すると、メッセージが開封される可能性が高くなります。
  • 画像とテキスト:適切なテキスト/画像比率(例:テキスト 60%、画像 40%)に従います。
  • 購読解除リンクとランディングページ:購読解除リンクは必須です。表示されており、有効である必要があります。また、フォームは機能している必要があります。
  • プレビュー:Adobe Campaign で提供されるツールを使用して、E メールの内容を確認し最適化します(受信ボックスレンダリングSpamAssassin)。

コンテンツの設計時に配信品質を最適化するためのその他のヒントについては、アドビの配信品質のベストプラクティスガイドを参照してください。

メモ

E メールコンテンツの編集について詳しくは、E メールコンテンツの定義パーソナライズされたコンテンツの作成を参照してください。

送信者アドレス

一部の ISP は、メッセージを受け付ける前に、送信者アドレス(From)の有効性をチェックします。不正な形式のアドレスは、受信サーバーによって拒否される可能性があります。

インスタンスレベル(ツール/詳細設定/デプロイメントウィザード……)または最も頻繁に使用されるシナリオで、必ず正しいアドレスを指定する必要があります。

詳しくは、送信者の定義を参照してください。

パーソナライズ機能

受信者のエクスペリエンスを向上させ、受信者が E メールを開くようにするために、Adobe Campaign ではメッセージをパーソナライズできます。

Adobe Campaign でのパーソナライゼーションフィールドの使用について詳しくは、この節を参照してください。

コンテンツを作成する際にパーソナライゼーションを最適化するためのヒントについては、この節を参照してください。

オプトアウトリンクとフォーム

デフォルトでは、メッセージが分析されると、オプトアウトリンクが含まれているかどうかがタイポロジルールでチェックされ、含まれていない場合は警告が表示されます。このルールを変更して、単純な警告ではなくエラーを表示し、このリンクなしに配信がおこなわれないようにすることができます。

毎回、送信前に、オプトアウトリンクが適切に機能することを確認する必要があります。例えば、配達確認を送信する際に、リンクが有効であること、フォームがオンラインであること、「今後のこの受信者への連絡は不要」フィールドが「はい」に変更されることを確認します。リンクの入力時やフォームの変更時にヒューマンエラーが発生する可能性は常にあるので、このチェックは体系的におこなう必要があります。

オプトアウトリンクを挿入する方法については、この節を参照してください。

オプトアウトリンクをクリックした受信者が選択を確認できないとしても、配信開始後に購読解除に関する問題が検出された場合は購読解除を手動で実行できます(一括更新機能を使用するなど)。

原則として、例えば E メールアドレスや名前などのフィールドを入力するよう求めることで、オプトアウトしたい受信者を邪魔しないでください。フォームには 1 つの検証ボタンのみを表示し、紐付けは暗号化された識別子にのみ実行してください。

追加の確認のリクエストは信頼できません。ユーザーが 2 つの E メールアドレスを同じボックスにリダイレクトさせている可能性があります(firstname.lastname@club.com と firstname.lastname@internet-club.com など)。受信者が最初のアドレスのみを覚えていて、もう 1 つのアドレスに送信されたメッセージを使用して購読解除する場合、暗号化された識別子と入力された E メールアドレスが一致しないので、フォームはこれを拒否します。

受信ボックスレンダリング

メッセージを送信する前に、メッセージが様々なデバイスでどのように表示されるかを確認して、メッセージの応答性をテストできます。 これは、各種の web クライアント、web メール、デバイスでメッセージの表示が確実に最適化されるようにするためです。

この確認のために、Adobe Campaign ではレンダリングをキャプチャして専用のレポートで利用できるようにしています。これにより、異なるコンテキストで受信される可能性のある送信済みのメッセージをプレビューできます。

詳しくは、受信ボックスレンダリングを参照してください。

SpamAssassin

SpamAssassin と連携するように Adobe Campaign を設定できます。連携することで、E メールを評価し、受信時に使用されるスパム対策ツールによってメッセージがスパムと見なされるリスクがあるかどうかを判断できます。

配信を開始する前に、「プレビュー」タブでリスクを評価できます。テストの結果が警告メッセージとして表示されます。

詳しくは、この節を参照してください。

このページ