このユースケースについて

このユースケースでは、ターゲティングワークフローを使用して、2 つの E メール配信コンテンツを比較します。どちらの配信でも、メッセージとテキストは同一とし、レイアウトのみを変更します。

ターゲットの母集団は、2 つのテストグループと、その他の母集団の 3 つに分割します。各テストグループに別々のバージョンを配信します。

配信完了から 5 日間の待機期間を設定します。この待機期間の終了後に結果を集め、開封率の最も高いものを見極めます。次に、最もスコアの高い配信コンテンツをスクリプトで復元し、テストグループとして使用しなかった母集団に送信します。

どの配信で最もスコアが高いのかを判断する基準は、個々のニーズに応じて変わる可能性がある点に注意してください。開封率、クリックスルー率、購読率、応答度などが、この判断基準の候補として挙げられます。

また、このユースケースで説明したテストでは 2 つの配信だけしか扱っていませんが、必要に応じてもっと多くのバージョンをテストすることもできます。その場合は、アクティビティをワークフローに追加してください。

このユースケースを実行する主な手順は次のとおりです。

関連トピック:

このページ