A/B テストの設定

ここでは、A/B テストを実行するワークフローを構築する方法について説明します。

  1. 新しいワークフローを作成し、目的の母集団をターゲティングするクエリアクティビティを設定します。

  2. 分割アクティビティを追加して、ターゲット母集団を複数のサブセットに分割します。

  3. アクティビティを開き、必要に応じて各サブセットを設定します。分割​アクティビティの設定方法の詳細については、こちらの節を参照してください。

    この例では、ニュースレター用の 2 つの新しい件名を、それぞれターゲット母集団の 10%に提示して、テストをおこないます。

  4. その他の母集団に、現在の件名でニュースレターを送信するためにトランジションを追加します。これをおこなうには、「一般」タブの「補集合を生成」オプションを有効にします。

  5. サブセットごとに、テストする配信のバージョンを追加します。

これで、ワークフローを開始できます。配信が送信されると、配信ログ内の 3 つのサブセットの動作をトラッキングして、どのサブセットが最も成功したかを確認できます。

また、ワークフローを使用すると、プロセスの自動化が可能です。より良いパフォーマンスを示した配信バリアントを自動的に識別して、その他の母集団に送信できます。詳しくは、この専用のユースケースを参照してください。

このページ