レポートの概要

Adobe Campaign では、組み込みレポートのほかにも、様々なコンテキストで様々なニーズに応えるレポートを生成できます。このドキュメントでは、使用モードと実装モードの基本事項について詳しく説明します。

Adobe Campaign は、レポート専用ツールではありません。Adobe Campaign で作成されたレポートを使用すると、主に集計データを表示できます。Adobe Campaign のレポートは、データの分析および表示専用であり、データベースエクスポート用には設計されていません。

Adobe Campaign データベースからデータをエクスポートするには、ワークフローを作成して、データエクスポートアクティビティを使用する必要があります。詳しくは、この節を参照してください。

Adobe Campaign には、いくつかのレポートツールが用意されています。

  1. 組み込みレポート:配信、キャンペーン、プラットフォームアクティビティ、オプション機能などに関する一連のレポートが用意されています。これらのレポートは、関連する様々な機能を通じて使用できます。具体的なニーズに合わせてレポートをカスタマイズすることもできます。

    詳しくは、この節を参照してください。

  2. 記述的データ分析:データベース内のデータに関する統計情報を生成できる視覚的なツールが用意されています。専用のウィザードを使用して記述的分析レポートを作成でき、そのコンテンツやレイアウトをニーズに応じてカスタマイズできます。

    詳しくは、この節を参照してください。

  3. パーソナライズされたレポート:データベース内のデータに関するレポートを作成できます。作成されたレポートは、適切なコンテキストで参照可能になります。

    複雑なクエリや計算が必要な場合や、データ量が多い場合には、レポートで分析されるデータをクエリによって収集し、リスト(「データ管理」タイプのワークフロー)やキューブ(マーケティング分析を使用)で事前集計することもできます。データはピボットテーブルまたはグループリストの形式で表示されます。

    詳しくは、この節を参照してください。

  4. 分析レポート:マーケティング分析を使用すれば、直観的なデータ調査が可能になります。

    詳しくは、この節を参照してください。

注意

表示や操作が簡単になるように、また、エクスポートを効率的におこなえるように、レポートの行数は 1,000 行を超えないようにしてください。

このページ