指標の作成

キューブを機能させるには、関係のあるディメンションと測定を特定し、キューブにそれらを作成する必要があります。

キューブを作成するには、次の手順に従います。

  1. 作業用テーブルを選択します。作業用テーブルの選択を参照してください。
  2. ディメンションを定義します。ディメンションの定義を参照してください。
  3. 測定を定義します。指標の構築を参照してください。
  4. 集計を作成します(オプション)。集計の計算と使用を参照してください。

この例では、レポートにシンプルなキューブをすばやく作成して、そのキューブの測定をエクスポートする方法を示します。

次に、実装手順を示します。すべてのオプションとその説明については、この章の他の節を参照してください。

作業用テーブルの選択

キューブを作成するには、キューブのリストの上にある「新規」ボタンをクリックします。

ファクトスキーマ(調査の対象となる要素が含まれているスキーマ)を選択します。この例では、受信者​テーブルを選択します。

保存」をクリックして、キューブを作成します。そのキューブはキューブのリストに表示され、その後、適切なタブを使用して設定できます。

ソースデータをフィルター」リンクをクリックして、データベースから選択した一部のデータに、このキューブの計算を適用します。

ディメンションの定義

ディメンションは、関連するファクトスキーマに基づいたキューブごとに定義された分析軸と一致します。これらが、分析で調査されるディメンションです。例えば、時間(年、月、日など)、製品や契約の分類(ファミリー、参照など)、母集団のセグメント(市区町村別、年齢別、グループ別、ステータス別など)といったものです。

これらの分析軸は、キューブの「ディメンション」タブで定義します。

追加」ボタンをクリックして新しいディメンションを作成した後、「」フィールドで「式を編集」アイコンをクリックして、該当するデータを格納したフィールドを選択します。

  • まず最初に、受信者の​年齢​を選択します。このフィールドに対して、ビニングを定義して年齢をグループ化し、情報を読み取りやすくすることができます。いくつかの独立した値を扱う可能性がある場合は、ビニングを使用することをお勧めします。

    それには、「ビニングを有効にする」オプションにチェックを入れます。ビニングモードについて詳しくは、データビニングを参照してください。

  • 日付​タイプのディメンションを追加します。ここでは、受信者プロファイルの作成日を表示します。

    それには、「追加」をクリックし、受信者テーブルの​作成日​フィールドを選択します。

    日付表示モードを選択できます。それには、使用する階層と生成するレベルを選択します。

    この例では、年、月および日のみを表示します。これは、週と学期/月を同時に扱うことができないためです。これらのレベルの間には互換性がありません。

  • 別のディメンションを作成して、受信者の市区町村に関連するデータを分析します。

    それには、新しいディメンションを追加し、受信者スキーマの​場所​ノードに属している「市区町村」を選択します。

    ビニングを有効にして情報を読み取りやすくし、値を列挙にリンクします。

    ドロップダウンリストから列挙を選択します。

    その列挙の値のみ表示されます。それ以外は、「他の値のラベル」フィールドで定義したラベルの下にグループ化されます。

    詳しくは、bin の動的管理を参照してください。

指標の構築

ディメンションを定義したら、セルに表示する値の計算モードを指定する必要があります。それには、対応する指標を「測定」タブで作成します。キューブを使用するレポートに表示する列と同じ数の測定を作成します。

それには、次の手順に従います。

  1. 追加」ボタンをクリックします。

  2. 測定のタイプと適用する式を選択します。ここでは、女性の受信者の数をカウントします。

    この場合の測定はファクトスキーマに基づいたもので、使用する演算子は​カウント​です。

    測定データをフィルター」リンクをたどって、女性だけを選択できます。測定と使用可能なオプションの定義について詳しくは、測定の定義を参照してください。

  3. 測定のラベルを入力し、測定を保存します。

  4. キューブを保存します。

キューブに基づくレポートの作成

キューブを設定したら、新しいレポートを作成するためのテンプレートとして使用できます。

手順は次のとおりです。

  1. レポート」タブの「作成」ボタンをクリックし、作成したキューブを選択します。

  2. 作成」ボタンをクリックして確定します。これにより、レポート設定および表示ページが開きます。

    デフォルトでは、使用可能な最初の 2 つのディメンションは行と列で提供されますが、値はテーブルには表示されません。テーブルを生成するには、メインアイコンをクリックします。

  3. ディメンションの軸を切り替えたり、軸を削除したり、新しい測定を追加したりできます。可能な操作について詳しくは、キューブを使用したデータ調査を参照してください。

    それには、該当するアイコンを使用します。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now