キューブの基本を学ぶ

データベースに格納されているデータの調査は、マーケティング分析​モジュールを通じて提供されます。これにより、データの分析と測定、統計の計算、レポートの作成と計算のシンプル化および最適化が可能になります。それに加え、マーケティング分析では、レポートの作成とターゲット母集団の定義も可能です。ターゲット母集団は、一旦特定されると、Adobe Campaign で使用できるリスト(ターゲティングやセグメント化など)に格納されます。

キューブは、配信レポート(配信トラッキング、クリック、開封など)を始めとする、特定の組み込みレポートの生成に使用されます。キューブに基づいたレポートは、500 万ファクト行未満のデータ量に対する標準としてのみ使用できます。

データベースの調査および分析機能を拡張できると同時に、最終ユーザーがレポートやテーブルを設定しやすくなります。計算、測定および統計を処理するレポートやテーブルを作成する際に、既存の(完全に設定された)キューブを選択するだけです。

キューブが作成および設定されると、レポートのクエリボックスや Web アプリケーションで使用されます。キューブをピボットテーブル内で使用して操作できます。

注意

マーケティング分析​は Adobe Campaign のモジュールです。後述の機能を使用するには、このモジュールをインスタンスにインストールする必要があります。

Campaign Marketing Analytics モジュールを使用してできることは次のとおりです。

  1. キューブの作成

    • データを集計してワークテーブルに保存し、ユーザーのニーズに基づいて指標を事前に計算、
    • レポートやクエリで使用する様々な計算に関連するデータ量を削減し、指標の計算時間を大幅に最適化、
    • データへのアクセスを簡素化し、(事前に集計されているかどうかに関わらず)ユーザーが様々なディメンションに応じてデータを操作できるようにします。

    詳しくは、指標の作成を参照してください。

  2. ピボットテーブルの作成

    • 計算済みのデータや設定済みの測定値を調査
    • 表示するデータとその表示モードを選択
    • 使用する測定値や指標をパーソナライズ
    • 技術的なバックグラウンドを持たないユーザーにインタラクティブな分析ツールを提供

    詳しくは、キューブを使用してデータを調べるを参照してください。

  3. キューブで計算および集計したデータを使用したクエリの作成

  4. 母集団の特定とリストでの参照

用語

キューブを扱う際の具体的な用語を以下に示します。

  • キューブ - キューブは多次元情報の表現であり、インタラクティブなデータ分析用に設計された構造をエンドユーザーに提供します。

  • ファクトテーブル/スキーマ - ファクトテーブル(またはファクトスキーマ)には、分析の基になる生データまたは基本データが含まれています。主に大容量のテーブル(場合によってリンクされたテーブルを含む)で、長い計算が必要になる可能性があります。例えば、broadLog テーブルや購入テーブルなどがファクトテーブルになります。

  • ディメンション - ディメンションを使用すると、データをグループにセグメント化できます。作成したディメンションは、分析軸として機能します。ほとんどの場合、指定されたディメンションに対して、複数のレベルが定義されます。例えば、時間ディメンションの場合は、月、日、時間、分などのレベルがあります。この一連のレベルはディメンション階層を表し、様々なレベルのデータ分析を可能にします。

  • ビニング - 一部のフィールドについては、ビニングを定義して値をグループ化し、情報を読み取りやすくすることができます。ビニングは、レベルに適用されます。多数の異なる値を扱う可能性がある場合は、ビニングを定義することをお勧めします。

  • 測定値 - 最もよく使用される測定値は、合計、平均、最大、最小、標準偏差などです。測定値は計算できます。例えば、オファーの受け入れ率は、オファーの提供回数と承認回数の比率です。

キューブワークスペース

キューブは​管理/設定/キューブ​ノードに格納されます。

キューブを使用する主なコンテキストは次のとおりです。

  • データのエクスポートは、Adobe Campaign プラットフォームの「レポート」タブで設計されたレポートで直接実行できます。

    それには、新しいレポートを作成し、使用するキューブを選択します。

    キューブは、作成するレポートの基になるテンプレートのように表示されます。テンプレートを選択したら、「作成」をクリックして、対応するレポートを設定および表示します。

    測定の適合化、表示モードの変更またはテーブルの設定をおこなってから、メインボタンを使用してレポートを表示できます。

  • レポートの「クエリ」ボックスでキューブを参照して、その指標を使用することもできます(下図参照)。

  • キューブに基づいたピボットテーブルをレポートの任意のページに挿入することもできます。それには、該当するページにあるピボットテーブルの「データ」タブで、使用するキューブを参照します。

    詳しくは、レポートのデータを調べるを参照してください。

このページ