グラフの作成

データベース内のデータを収集してグラフに表示することもできます。Adobe Campaign では、様々なグラフ表示が可能です。次に、それらの設定について説明します。

グラフは、右クリックメニューまたはツールバーでレポートページに直接挿入します。

作成ステップ

レポートにグラフを作成するには、次の手順に従います。

  1. グラフを表示するページを編集し、ツールバーでグラフタイプを選択します。

  2. 名前とキャプションを入力します。必要に応じて、ドロップダウンリストを使用してキャプションの位置を変更できます。

  3. データ」タブをクリックして、データソースと計算対象となる系列を定義します。

    グラフに表示する統計は、クエリまたはコンテキストデータに基づいて計算できます。コンテキストデータとは、現在のページのインバウンドトランジションで提供されるデータのことです(詳しくは、コンテキストデータの使用を参照)。

    • データをフィルター」リンクをクリックして、データベースに格納されているデータのフィルター条件を定義します。

    • コンテキストデータを使用する場合は、それをデータソースとして選択し、「詳細設定パラメーター」リンクをクリックします。次に、統計に関係するデータを選択します。

      コンテキストデータにアクセスして、グラフに表示する値を定義できるようになります。

グラフのタイプとバリエーション

Adobe Campaign では、様々なタイプのグラフ表示が可能です。次に、それらについて説明します。

グラフタイプは、グラフをページに挿入する際に選択します。

また、グラフの「一般」タブの「グラフタイプ」セクションでタイプを変更することもできます。

バリエーションは、選択したグラフタイプによって異なります。バリエーションは「バリエーション」リンクを介して選択します。

分類:円グラフ

このタイプのグラフでは、測定された要素の概要を表示できます。

円グラフでは、1 つの変数のみ分析できます。

バリエーション」リンクをたどって、グラフの全体的なレンダリングをパーソナライズできます。

円グラフでは、該当するフィールドに内側の半径の値を入力できます。

次に例を示します。

0.00 の場合は、完全な円。

0.40 の場合は、内側の半径が全体の 40% になる円。

1.00 の場合は、円の外周のみ。

変化:折れ線グラフと面グラフ

このタイプのグラフでは、1 つまたは複数の測定値の時間的変化を把握できます。

比較:ヒストグラム

ヒストグラムでは、1 つまたは複数の変数の値を比較できます。

このタイプのグラフの場合は、次に示すオプションが​グラフのバリエーション​ウィンドウに用意されています。

グラフにキャプションを表示するために「キャプションを表示」オプションにチェックを入れ、その位置を選択します。

該当する場合は、複数の値を積み重ねることができます。

必要に応じて、値の表示順を逆にできます。それには、「表示順を逆転」オプションを選択します。

コンバージョン:ファネル

このタイプのグラフでは、測定された要素のコンバージョン率を追跡できます。

進捗状況:ゲージ

このタイプのグラフでは、定義された目標値と比較した値の進捗状況を表示できます。次の例では、目標とする 100 件の配信のうち、正常に送信された配信の数(76)が黒い目盛り盤に表示されています。このゲージは、特定の状況に対応する 3 つの範囲に分かれています。

グラフの設定時に次の要素を定義します。

  • 」フィールドは、グラフの黒い目盛り盤で表されます。進捗状況の計算対象となる要素を表します。表す値は既に保存されている必要があります。
  • 目標」フィールドは、達成すべき最大値を表します。
  • その他のマーク」フィールドを使用すると、グラフに 2 番目の指標を追加できます。
  • 開始/終了」フィールドでは、グラフの計算範囲を示す値を指定できます。
  • 値の範囲」フィールドでは、一定の範囲の値に状態(なし、不良、許容可能、良い)を割り当て、進捗状況をわかりやすくすることができます。

表示設定」セクションでは、「外観を変更」リンクを使用して、グラフの表示方法を設定できます。

ゲージの下に値を表示」オプションでは、グラフの下に値の進捗を表示できます。

開口率」フィールド(0 から 1 までの値)では、全円を上限としてグラフの開口率を編集できます。上図の例の場合、値 0.50 は半円に対応します。

」フィールドでは、グラフのサイズを編集できます。

グラフとのインタラクション

ユーザーがグラフをクリックしたときのアクションを定義できます。インタラクションイベント​ウィンドウを開き、実行するアクションを選択します。

選択可能なインタラクションタイプとそれらの設定について詳しくは、この節を参照してください。

統計の計算

グラフでは、収集したデータに関する統計を表示できます。

これらの統計は、「データ」タブの「系列パラメーター」セクションを使用して定義します。

新しい統計を作成するには、「追加」アイコンをクリックし、該当するウィンドウを設定します。次に、使用可能な計算タイプについて説明します。

詳しくは、この節を参照してください。

このページ