分析するデータの収集

レポートの作成に使用するデータは、レポートページで直接選択することも(詳しくは、コンテキストの使用を参照)、1 つまたは複数のクエリで収集することもできます。

このアクティビティは、3 つの異なる方法を提供します。

  1. データベースのデータを使用してクエリを作成する。
  2. リストに含まれているデータを処理する。
  3. 既存のキューブに格納されているデータを使用する。

このうちのどの方法を選択するかは、計算のタイプ、データ量、データの永続性などによって決まります。これらの要因をすべて慎重に検討して、Adobe Campaign データベースに過大な負荷をかけないようにすると共に、レポートの生成と操作を最適化する必要があります。詳しくは、このページを参照してください。

どの場合でも、データは​クエリ​タイプのアクティビティで収集されます。

このデータ選択モードが関係してくるのは、データベースのデータを使用してレポートのデータを収集または作成する必要がある場合です。場合によっては、レポートで使用されている要素から直接データを選択することもできます。例えば、グラフを挿入した場合、そのソースデータを直接選択できます。詳しくは、コンテキストの使用を参照してください。

スキーマからのデータの使用

データベーススキーマにリンクしているデータを使用するには、クエリエディターで適切なオプションを選択し、適用するクエリを設定します。

次の例では、データベース内のプロファイルの中から各国の受信者の数を収集できます。次に、それらを表形式でレポートに表示できます。

インポートしたリストの使用

レポートを作成するために、インポートしたデータのリストからデータを使用できます。

それには、クエリボックスで「インポートしたリストを使用」オプションを選択し、該当するリストを選択します。

クエリを編集」リンクをクリックして、このリスト内の要素の中からレポート作成用に収集するデータを定義します。

キューブの使用

クエリを定義するためにキューブを選択できます。

キューブを使用すると、データベースの調査および分析機能を拡張できると同時に、レポートやテーブルの設定がエンドユーザーにとってより簡単になります。完全に設定された既存のキューブを選択して、そのキューブの計算、測定および統計を使用するだけです。キューブの作成について詳しくは、この節を参照してください。

クエリを編集」リンクをクリックして、レポートで表示または使用する指標を選択します。

クエリでのフィルターオプション

データベース全体に対するクエリを実行しないようにするために、データをフィルターする必要があります。

簡易フィルター

コンテキストで自動的にフィルター」オプションを選択すると、ツリーの特定のノード(リスト、受信者、配信など)からレポートにアクセスできるようになります。

選択したフォルダーに限定」オプションを選択すると、フォルダーを指定し、その中身だけを考慮に入れることができます。これによって、次に示すように、レポートのデータをフィルターして、ツリー内のいずれかのフォルダーに含まれるデータのみを表示できます。

収集されるデータの量の制限

クエリで抽出するレコードの数を次の結果制限オプションで設定できます。

  • 最初のレコードに制限」を使用すると、1 レコードのみ抽出されます。
  • サイズ」を使用すると、設定した数のレコードが抽出されます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now