キャンペーンテンプレートの作成と設定

すべてのマーケティングキャンペーンは、主な特性と機能を格納したテンプレートに基づいています。 キャンペーンテンプレートは、リソース/テンプレート/キャンペーンテンプレート​ノードで一元管理されます。デフォルトのテンプレートは、標準として提供されます。デフォルトのテンプレートで、使用可能なすべてのモジュール(ドキュメント、タスク、シードアドレスなど)を使用して、新しいキャンペーンを作成できますが、提供されるモジュールは、ユーザーの権限と Adobe Campaign プラットフォームの設定によって異なります。

メモ

このツリーは、ホームページの「エクスプローラー」アイコンをクリックすると表示されます。

特定の設定が定義されていないキャンペーンを作成するために、組み込みのテンプレートが用意されています。 キャンペーンテンプレートを作成および設定して、そのテンプレートからキャンペーンを作成することができます。

キャンペーンの作成について詳しくは、こちらのビデオを参照してください。

キャンペーンテンプレートの作成

キャンペーンテンプレートを作成するには、次の手順に従います。

  1. Campaign エクスプローラー​を開きます。

  2. リソース/テンプレート/キャンペーンテンプレート​で、テンプレート一覧の上にあるツールバーの「新規」をクリックします。

  3. 作成するキャンペーンテンプレートのラベルを入力します。

  4. 保存」をクリックし、作成したテンプレートをもう一度開きます。

  5. 編集」タブで、「内部名」やその他の値を必要に応じて入力します。

  6. キャンペーンの詳細パラメーター…」を選択し、キャンペーンテンプレートにワークフローを追加します。

  7. ターゲティングとワークフロー」の値として「はい」を選択します。

  8. ターゲティングとワークフロー」タブで、「ワークフローを追加…」をクリックします。

  9. ラベル」フィールドを入力し、「OK」をクリックします。

  10. 要件に応じた内容のワークフローを作成します。

  11. 保存」をクリックします。作成したワークフローが、キャンペーン内で使用できる状態になります。

デフォルトのテンプレートを​複製​して、その設定を再利用および調整することもできます。

キャンペーンテンプレートの様々なタブおよびサブタブを使用すると、一般設定で説明されている設定にアクセスできます。

モジュールの選択

キャンペーンの詳細設定… 」リンクを使用すると、このテンプレートに基づいて作成されるキャンペーンのジョブを有効または無効にできます。 このテンプレートに基づいて作成されるキャンペーンで有効にする機能を選択します。

機能を選択しない場合、プロセスに関する要素(メニュー、アイコン、オプション、タブ、サブタブなど) は、テンプレートのインターフェースまたはこのテンプレートに基づくキャンペーンには表示されません。 通常、キャンペーン詳細の左側のタブは、テンプレートで選択されているプロセスと一致します。例えば、「費用と目標」が選択されていない場合、対応する「予算」タブは、このテンプレートをベースとするキャンペーンには表示されません。

さらに、設定ウィンドウへのショートカットがキャンペーンダッシュボードに追加されます。機能を有効にすると、キャンペーンダッシュボードから直接リンクでその機能にアクセスできます。

例えば、以下の設定の場合、

キャンペーンダッシュボードには以下のリンクが表示されます(「タスクを追加」リンクはありません)。

そして、以下のタブのみが表示されます。

一方、次のタイプの設定の場合、

以下のリンクとタブが表示されます。

モジュールのタイポロジ

  • コントロール母集団

    このモジュールを選択すると、テンプレートおよびこのテンプレートをベースとするキャンペーンの詳細設定にタブが追加されます。設定は、テンプレートで、またはキャンペーンごとに個別に定義できます。 コントロール母集団の詳細については、 こちらの節を参照してください。

  • シードアドレス

    このモジュールを選択すると、テンプレートおよびこのテンプレートをベースとするキャンペーンの詳細設定にタブが追加されます。設定は、テンプレートで、またはキャンペーンごとに個別に定義できます。 シードアドレスの詳細については、こちらの節を参照してください。

  • ドキュメント

    このモジュールを選択すると、テンプレートおよびこのテンプレートをベースとするキャンペーンの「編集」タブにタブが追加されます。添付ドキュメントは、テンプレートから追加することも、キャンペーンごとに個別に追加することもできます。 ドキュメントの詳細については、こちらの節を参照してください。

  • 概要

    このモジュールを選択すると、キャンペーンの配信概要を定義するために「配信の概要」サブタブが「ドキュメント」タブに追加されます。 配信概要の詳細については、こちらの節を参照してください。

  • ターゲティングとワークフロー

    ターゲティングとワークフロー​モジュールを選択すると、タブが追加されて、このテンプレートをベースとするキャンペーン用に 1 つ以上のワークフローを作成できます。ワークフローは、このテンプレートに基づいて、キャンペーンごとに個別に設定することもできます。キャンペーンワークフローの詳細については、こちらの節を参照してください。

    このモジュールを有効にすると、プロセス実行シーケンスを定義するためのタブがキャンペーンの詳細設定に追加されます。

  • 承認

    承認」を選択すると、承認するプロセスおよび承認を担当するオペレーターを選択できます。 承認の詳細については、こちらの節を参照してください。

    テンプレートの「詳細設定」セクションの「承認」タブで、プロセスの承認を有効にするかどうかを選択できます。メッセージの配信を許可するために、承認が選択されているジョブを承認する必要があります。

    レビュー担当オペレーターまたはオペレーターのグループを、有効化された各承認に関連付ける必要があります。

  • 費用と目標

    このモジュールを選択すると、テンプレートおよびこのテンプレートに基づくキャンペーンの詳細に「予算」タブが追加され、関連する予算を選択できるようになります。

プロパティと実行

テンプレートのプロパティ

キャンペーンテンプレートを作成するときは、次の情報を入力する必要があります。

  • テンプレートの​ラベル​を入力:デフォルトでは、このテンプレートから作成されるすべてのキャンペーンにこのラベルが割り当てられます。

  • ドロップダウンリストからキャンペーンの​特性​を選択します。このリストに表示される値は、natureOp 列挙に保存されている値です。

    メモ

    列挙について詳しくは、はじめにの節を参照してください。

  • キャンペーンのタイプ​を選択:単一、繰り返しまたは定期的。デフォルトでは、キャンペーンテンプレートは単一のキャンペーンに適用されます。繰り返しキャンペーンと定期的キャンペーンについて詳しくは、こちらの節を参照してください。

  • キャンペーン期間、すなわちキャンペーンが実施される日数を指定します。このテンプレートをベースとしてキャンペーンを作成すると、キャンペーンの開始日と終了日が自動的に設定されます。

    繰り返しキャンペーンの場合は、キャンペーンの開始日と終了日をテンプレートで直接指定する必要があります。

  • テンプレートの​親マーケティングプログラム​を指定:このテンプレートをベースとするキャンペーンは、選択したプログラムにリンクされます。

テンプレート実行パラメーター

キャンペーンの詳細パラメーター…」リンクを使用すると、配信ターゲット(コントロール母集団、シードアドレスなど)を処理するためのテンプレートの詳細オプションと、キャンペーンの測定およびワークフローの実行を設定することができます。

キャンペーン実行のトラッキング

キャンペーンのスケジュールを作成し、達成度を追跡できます。例えば、特定の日付のイベントスケジュールを作成できます。 キャンペーンテンプレートでは、キャンペーンの終了日に基づいてタスクの開始日を計算できるようになりました。

タスクの設定ボックスで、「実行スケジュール」領域に移動して、「開始日はキャンペーンの終了日から計算されます」ボックスをオンにします(「開始日」とはタスクの開始日です)。「開始」フィールドに移動して間隔を入力:タスクはキャンペーンの終了日よりこの間隔だけ前に開始されます。設定されているキャンペーン期間より長い期間を入力した場合、タスクはキャンペーンより前に開始されます。

このテンプレートを使用してキャンペーンを作成すると、タスクの開始日が自動的に計算されます。ただし、後でいつでも変更できます。

このページ