協調キャンペーンの作成

セントラルエンティティは、分散型マーケティング​のキャンペーンテンプレートから協調キャンペーンを作成します。このページを参照してください。

協調キャンペーンの作成

協調キャンペーンを設定するには、キャンペーン管理/キャンペーン​ノードをクリックし、新規​アイコンをクリックします。

メモ

協調キャンペーン(キャンペーン)​以外の協調キャンペーンは、Web インターフェイスから設定および実行できます。

協調キャンペーンの設定プロセスは、ローカルキャンペーンのテンプレートの設定プロセスと類似しています。以下の節では、タイプごとに協調キャンペーンの作成について説明します。

フォーム

協調キャンペーン(フォーム)を作成するには、協調キャンペーン(フォーム)​テンプレートを選択します。

編集」タブで、「キャンペーンの詳細設定…」リンクをクリックして、「分散型マーケティング」タブにアクセスします。

フォーム Web インターフェイスを選択します。フォームのインターフェイスでは、キャンペーンのオーダー時にローカルエンティティが使用するパーソナライゼーションフィールドを作成できます。ローカルキャンペーン(フォーム)の作成を参照してください。

キャンペーンを保存します。「作成」ボタンをクリックして、「キャンペーン」タブの キャンペーンパッケージ​ビューから使用できるようになりました。

キャンペーンパッケージ​ビューでは、ローカルキャンペーンのテンプレート(デフォルトまたは複製されたもの)を使用できるほか、協調キャンペーンの参照キャンペーンを使用して、他の組織エンティティも使用できるキャンペーンを作成できます。

キャンペーン

協調キャンペーン(キャンペーン)を作成するには、協調キャンペーン(キャンペーン)(opCollaborativeByCampaign)​テンプレートを選択します。

ローカルエンティティは、キャンペーンをオーダーする前に、セントラルエンティティによって事前に定義された条件を満たし、キャンペーンを評価することができます。

協調キャンペーン(キャンペーン)​のオーダーがセントラルエンティティによって承認されると、ローカルエンティティ用に子キャンペーンが作成されます。キャンペーンが使用可能になると、ローカルエンティティは以下の項目を変更することができます。

  • キャンペーンワークフロー
  • タイポロジルール
  • パーソナライゼーションフィールド

ローカルエンティティは、子キャンペーンを実行します。セントラルエンティティは、親キャンペーンを実行します。

セントラルエンティティは、このダッシュボードから​リンクされたキャンペーンのリスト​リンクを使用して、協調キャンペーン(キャンペーン)​にリンクされている子キャンペーンをすべて表示できます。

ターゲットの承認

協調キャンペーン(ターゲットの承認)を作成するには、協調キャンペーン(ターゲットの承認)​テンプレートを選択します。

メモ

このモードでは、セントラルエンティティはローカルエンティティを指定する必要はありません。

キャンペーンワークフローに、ローカルの承認​タイプのアクティビティを組み込む必要があります。次のようなアクティビティパラメーターがあります。

  • 実行するアクション:ターゲットの承認通知。
  • 配分のコンテキスト:手動で指定。
  • データ配分:ローカルエンティティの配分。

ローカルエンティティ配分​タイプのデータ配分を作成する必要があります。データ配分テンプレートを使用すると、グループ値のリストから抽出されるレコードの数を制限できます。リソース/キャンペーン管理/データ配分​で、「新規」アイコンをクリックして、新しい​データ配分​を作成します。データ配分について詳しくは、ワークフローガイドを参照してください。

ターゲティングディメンション​と​配分フィールド​を選択します。「割り当てタイプ」で、「ローカルエンティティ」を選択します。

配分」タブで、各ローカルエンティティのフィールドを追加し、値を指定します。

配信​タイプのアクティビティの後に 2 つ目の​ターゲットの承認​を追加して、レポートを設定できます。

ローカルエンティティに送信されるキャンペーン作成の通知メッセージには、セントラルエンティティのパラメーターによって事前に定義された連絡先リストが含まれています。

ローカルエンティティは、キャンペーンのコンテンツに基づいて、一部の連絡先を削除できます。

シンプル

協調キャンペーン(シンプル)を作成するには、協調キャンペーン(シンプル)​テンプレートを選択します。

協調キャンペーンパッケージの作成

ローカルエンティティにキャンペーンを提供するには、セントラルエンティティがキャンペーンパッケージを作成する必要があります。

次の手順に従います。

  1. キャンペーン​ページの​ナビゲーション​セクションで、「キャンペーンパッケージ」リンクをクリックします。
  2. 作成」ボタンをクリックします。
  3. ウィンドウ上部のセクションで、新しい協調パッケージ(mutualizedEmpty)​テンプレートを選択します。
  4. 参照キャンペーンを選択します。
  5. キャンペーンパッケージのラベル、フォルダーおよび実行スケジュールを指定します。

日付

キャンペーンは、定義された開始日から終了日までの期間、キャンペーンパッケージのリストに表示されます。

協調キャンペーン​の場合は、セントラルエンティティが登録とパーソナライゼーションの期限を指定します。

メモ

パーソナライゼーションの期限」では、キャンペーンの設定に使用するドキュメント(スプレッドシート、画像)の提出期限を指定できます。ローカルエンティティは、この期限までにドキュメントを提出する必要があります。これは必須オプションではありません。この日付を指定しなくても、キャンペーンの実装に影響はありません。

オーディエンス

協調キャンペーンを作成したら、セントラルエンティティはキャンペーンごとに関係するローカルエンティティを指定する必要があります。

注意

シンプル、フォーム、キャンペーンの協調キャンペーンキット​は、ローカルエンティティが指定されていない場合、承認できません。

承認モード

協調キャンペーン​では、オーダーの承認モードを指定できます。

手動モードの場合、ローカルエンティティは参加したいキャンペーンに登録する必要があります。

自動モードの場合、ローカルエンティティはキャンペーンに既に登録されています。ローカルエンティティは、登録をキャンセルしたり、セントラルエンティティの承認なしにパラメーターを変更したりできます。

通知

通知の設定方法は、ローカルエンティティの通知の設定方法と同じです。この節を参照してください。

キャンペーンのオーダー

協調キャンペーンがキャンペーンパッケージのリストに追加されると、セントラルエンティティによって定義されたオーディエンスに属するローカルエンティティに、通知が送信されます(オーディエンスを事前に定義しない​協調キャンペーン(ターゲットの承認)​は除きます)。送信メッセージには、以下の図のように、キャンペーンに登録するためのリンクが含まれています。

加えて、このメッセージでは、パッケージの作成者であるセントラルオペレーターによって入力された説明とキャンペーンにリンクされているドキュメントを表示することができます。これらの情報はキャンペーンに直接関係するわけではありませんが、参考情報として参照できます。

ローカルオペレーターは Web インターフェイスからログインし、オーダーする協調キャンペーンにパーソナライゼーションの情報を追加できます。

ローカルエンティティが登録を完了すると、セントラルエンティティにはオーダーの承認を依頼する通知が E メールで送信されます。

詳しくは、承認プロセスの節を参照してください。

オーダーの承認

協調キャンペーンパッケージのオーダー承認プロセスは、ローカルキャンペーンの承認プロセスと同じです。この節を参照してください。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now