調査の基本を学ぶ

Adobe Campaign には、web アプリケーションを定義および公開するためのグラフィカルモジュールが含まれています。これは、エクストラネット上の編集フォームや、テーブル、グラフ、入力フォームなど、データベースのデータを含んだ通知フォームのページを作成するために使用します。この機能を使用すると、ユーザーが情報を検索または入力できる web ページをデザインし配信できます。

オプションの​調査​アドオンを使用すると、新しいタイプの web アプリケーションを作成して、プロファイル情報を追加または修正するフォーム、情報サービスを購読または購読解除するフォーム、コンテストにエントリーするフォームなど、オンラインアンケートを作成および管理できます。回答が収集されると、データベースまたはローカル変数に格納されます。データモデルは、アンケートの回答を使用して動的に拡張できます。結果をリアルタイムに表示したり、回答をフィルターしたり、専用のグラフを使用してそれらを分析したりできます。

この章では、調査、フィールドとページの管理、ストレージモードとレコードの作成と管理の方法について詳しく説明します。

:bulb: 初めての調査の作成方法については、このページを参照してください。

メモ
  • 標準 web フォームの作成手順について詳しくは、このドキュメントを参照してください。

  • Web アプリケーション管理について詳しくは、このドキュメントを参照してください。詳しくは、この章を参照してください。

機能の範囲

Adobe Campaign では、web アプリケーションを使用して以下を行います。

  • 複数ページのフォームの作成
  • 統合翻訳ツールによる多言語フォームの管理
  • グラフィカルインターフェイス、複数列のページレイアウトの管理
  • パーソナライゼーションの追加とフィールド位置の定義
  • 回答に応じた調査フィールドの条件付き表示
  • ページの条件付き表示
  • 想定されるデータのタイプ(番号、E メールアドレス、日付など)と必須フィールドに応じた承認前の情報確認
  • E メールの招待状/通知の送信
  • エラーページと終了ページのパーソナライズ
  • フォームへの画像、ビデオ、ハイパーテキストリンク、Captcha などの追加

オプションの調査作成モジュールには、使いやすい UI と次の追加機能が用意されています。

実装手順

次の手順に従って、調査を作成および配信し、その結果を処理します。

  1. 調査のページおよびそのコンテンツ(入力フィールド、ドロップダウンリスト、質問など)を作成します。
  2. 回答の保存方法を定義します。既にデータベースにあるデータをフォームにプリロードするために、データのプリロード手順を挿入できます。テストボックスを追加することもできます。
  3. 調査をパブリッシュしてから受信者に配信します(例:配信または Web サイトにリンクを含める)。
  4. 回答を監視し、レポートを表示します。

これらの手順の設定と順番について詳しくは、このドキュメントを参照してください。この章では、調査に固有の設定についてのみ詳しく説明します。

注意

プライバシー保護のために、すべての外部リソースに対して HTTPS を使用することをお勧めします。

設定

デフォルトでは、調査は Adobe Campaign ツリーの​リソース/オンライン/Web アプリケーション​ノードに格納されます。

設定は、次のフォルダーに格納されます。

  • 管理/設定/フォームのレンダリング:Web フォームプレゼンテーションのレンダリングテンプレートが含まれます(アプリケーションおよび調査)。
  • リソース/テンプレート/Web アプリケーションテンプレート:フォームテンプレートが含まれます。フォームを作成するには、テンプレートから開始する必要があります。
メモ

設定の詳細については、このドキュメントを参照してください。

このページ