動作の原則

技術的には、Adobe Campaignプラットフォームは複数のモジュールに基づいています。

Adobe Campaignモジュールは多数あります。 継続的に動作するタスクもあれば、管理タスク(データベース接続を設定する場合など)を実行するために起動するタスクもあれば、繰り返し実行するタスク(トラッキング情報の統合など)もあります。

Adobe Campaign モジュールには 3 つのタイプがあります。

  • マルチインスタンスモジュール:すべてのインスタンスに対して 1 つのプロセスを実行します。 これは、次のモジュールに適用されます。websyslogdtrackinglogd​および​ウォッチドッグconfig-default.xml​ファイルのアクティビティ)。
  • モノインスタンスモジュール:インスタンスごとに 1 つのプロセスを実行します。 これは、次のモジュールに適用されます。mtawfserverinMailsmsstatconfig-<instance>.xml​ファイルのアクティビティ)。
  • ユーティリティモジュール:これらは、時々実行され、不定期または繰り返し操作(cleanupconfig、トラッキングログのダウンロードなど)を実行するモジュールです。

モジュールの管理は、インストールフォルダーの​bin​ディレクトリにインストールされたコマンドラインツール​nlserver​を使用して実行します。

nlserver​ツールの一般的な構文は次のとおりです。

nlserver <command> <command arguments>

使用可能なモジュールのリストには、nlserver​コマンドを使用します。

使用可能なモジュールについて、次の表で詳しく説明します。

コマンド 説明
aliasCleansing 列挙値の標準化
billing システムアクティビティレポートをbilling@neolane.netに送信する
cleanup データベースのクレンジング:データベースから古いデータを削除し、データベースエンジンオプティマイザが使用する統計の更新を実行します。
config サーバー設定の変更
copybase データベースのコピー
エクスポート コマンドラインに書き出し中:Adobe Campaignクライアントコンソールで作成した書き出しモデルをコマンドラインに送信できます。
fileconvert 設定サイズのファイルの変換
import コマンドラインに読み込み中:Adobe Campaignクライアントコンソールで作成したインポートモデルをコマンドラインに送信できます。
inMail 受信メールアナライザー
installsetup 顧客インストールファイルの可用性
javascript SOAP APIへのアクセス権を持つJavaScriptスクリプトの実行
ジョブ コマンドライン処理
結合 フォームの結合
midSourcing ミッドソーシングモードでの配信情報の復元
モニター XMLサーバープロセスとスケジュールされたタスクのステータスをインスタンス別に表示します。
MTA メインエージェント転送メッセージ
荷物 エンティティパッケージファイルのインポートまたはエクスポート
pdump サーバープロセスのステータスの表示
prepareda 配信アクションの準備
再起動 サーバーの部分的な再起動
runwf ワークフローインスタンスの実行
停止 システムの完全シャットダウン
SMS SMS通知処理
sql SQL スクリプトの実行
開始 追加の開始
stat MTA 接続統計を維持
停止 システムの一部シャットダウン
亜密 配信アクションの送信
syslogd ログとトレース書き込みサーバー
tracking トラッキングログの統合と取得
trackinglogd トラッキングログの書き込みとサーバーのパージ
ウォッチ 起動および監視インスタンス
Web アプリケーションサーバー(HTTPおよびSOAP)
wfserver ワークフローサーバー
重要

最後のモジュールは1つあります。パフォーマンスを考慮して、アプリケーションサーバーにリンクされたトラッキングとリレーモジュールは、ネイティブメカニズムを介してダイナミックライブラリを介してApacheまたはIIS Webサーバーに統合されます。 このモジュールを開始または管理できるAdobe Campaignコマンドはありません。 したがって、Webサーバー自体のコマンドを使用する必要があります。

モジュールの使用と、そのパラメーターの構文は、次のコマンドを使用して表示されます。nlserver [module] -?

例:

nlserver設定 —?

Usage: nlserver [-verbose:<verbose mode>] [-?|h|H] [-version] [-noconsole]
 [-tracefile:<file>] [-tracefilter:<[type|!type],...>]
 [-instance:<instance>] [-low] [-high] [-queryplans] [-detach]
 [-internalpassword:<[password/newpassword]>] [-postupgrade]
 [-nogenschema] [-force] [-allinstances]
 [-addinstance:<instance/DNS masks[/language]>]
 [-setdblogin:<[dbms:]account[:database][/password]@server>]
 [-monoinstance]
 [-addtrackinginstance:<instance/masks DNS[/databaseId/[/language[/password]]]>]
 [-trackingpassword:<[password][/newpassword]>]
 [-setproxy:<protocol/server:port[/login]>] [-reload]
 [-applyxsl:<schema/file.xsl>] [-filter:<file>]
 [-setactivationkey:<activation key>]
 [-getactivationkey:<client identifier>]
-verbose : verbose mode
-? : display this help message
-version : display version number
-noconsole : no longer display logs and traces on the console
-tracefile : name of trace file to be generated (without extension)
-tracefilter : filter for the traces to be generated e.g.: wdbc,soap,!xtkquery.
-instance : instance to be used (default instance if this option is not present).
-low : start up with low priority
-high : start up with high priority (not recommended)
-queryplans : generate traces with the execution plans of SQL queries.
-detach : detaches the process from its parent (internal option)
-internalpassword : changes the password of the server internal account.
-postupgrade : updates the database following upgrade to a higher version. 
-nogenschema : does not recompute the schemas during database update
-force : updates the database even if this has already been done with the current build 
-allinstances : updates the database over all configured instances
-addinstance : adds a new instance.
-setdblogin : sets the parameters for connection to the database of an instance. The DBMS can be 'oracle', 'postgresql', 'mssql' or 'odbc' (default=postgresql)
-monoinstance : initialises for a single instance ().
-addtrackinginstance : adds a new tracking instance.
-trackingpassword : changes the tracking password of an instance
-setproxy : sets the parameters for connection to a proxy server. The protocol can be 'http', 'https' or 'all'.
-reload : asks the server to reload the configuration of the instances. 
-applyxsl : applies an XSL stylesheet to all entities of a schema. 
-filter : applies the XTK filter contained in the file during loading of the schema entities.
-setactivationkey : sets the activation key

このページ