ログファイル

ログファイルは、次のように整理されます。

nlserver モジュールは、次のディレクトリに保存されたログファイルを生成します。 <installation directory>/var/<instance>/log/<module>.log.

nlserver syslogd ​モジュールは、ログをディスクに保存します。 このモジュールはUnixの syslogデーモンに似ていますが、UnixとWindowsの互換性に対応しています。 他のAdobe Campaignモジュールは、ログをディスクに保存しません。このタスクは、UDPパケットを送信することで syslogd モジュールに委任されます。

デフォルトでは、Adobe Campaignプラットフォームには syslogd モジュールがインストールされていますが、別の syslogデーモンを使用することも可能です。 このモジュールは、 log ディレクトリにログファイルを作成します。

マルチインスタンスモジュールのログは、次のディレクトリに保存されます。 <installation directory>/var/default/log/. 同じログファイルがすべてのインスタンス( web.log)で共有されます。

他のモジュールのログは、インスタンスの名前を付けたサブフォルダーに保存されます。 各インスタンスには、独自のログファイルがあります。

マルチインスタンスのログファイルを次の表に示します。

ファイル 説明
web.log Webモジュールログ(クライアントコンソール、レポート、SOAP APIなど)
webmdl.log リダイレクトモジュールからのログ
watchdog.log Adobe Campaignプロセス監視モジュールからのログ
trackinglogd.log トラッキングログ

モノインスタンスログファイルを次の表に示します。

ファイル 説明
mta.log mtaモジュールログ
mtachild.log メッセージ配信の処理ログ
wfserver.log ワークフローサーバーモジュールのログ
runwf.log ワークフローの実行ログ
inMail.log バウンスメールモジュールログ
logins.log Adobe Campaignに対するすべてのログイン試行をログに記録します(成功したかどうか)
重要

redir ​ディレクトリは、リダイレクトサーバーにのみ存在します。 url サブディレクトリには、リダイレクトするURLと一致するURLが含まれ、サブディレクトリ ログにはトラッキングログが含まれます ​。 トラッキングログを生成するには、 trackinglogd モジュールが実行されている必要があります。

パフォーマンスとストレージの最適化のために、logins.logファイルは複数のファイルに分割され、毎日1つ(logins.yy-mm-dd.log)が保持されます。最大365個のファイルが保持されます。 日数は、syslogd(maxNumberOfLoginsFiles オプション)の下のserverConf.xmlで変更できます。 サー バー設定ファイルのドキュメントを参照してください

デフォルトでは、ログの10 MBのファイルはモジュールあたり2個、インスタンスあたり2個に制限されます。 2つ目のファイルは次のように呼び出されます。 <modulename>_2.log. したがって、ログのサイズは、モジュールあたり2*10 MBまたはインスタンスあたりに制限されます。

ただし、大きいファイルは保持できます。 これを有効にするには、conf/serverConf.xml ファイルの syslogd ノードのmaxFileSizeMb="10" 設定を変更し ​ます。 この値は、ログファイルの最大サイズ(MB単位)を表します。

ログの詳細レベルをさらに高く維持したい場合は、 -verbose パラメータを使用してAdobe Campaignモジュールを開始できます。

nlserver開始 <MODULE>@<INSTANCE> -verbose

このページ