設定の原則

Adobe Campaignプラットフォームは、Apache が使用する仮想ホストと同様に、インスタンスの概念に基づいています。 この操作モードでは、複数のインスタンスを割り当ててサーバーを共有できます。 インスタンスは完全に別々で、独自のデータベースと設定ファイルを使用して動作します。

特定のサーバーに対して、すべてのAdobe Campaignインスタンスに共通する 2 つの要素があります。

  • この 内部 パスワード:これは、一般的な管理者パスワードです。 特定のアプリケーションサーバーのすべてのインスタンスに共通です。

    重要

    を使用してログオンするには、以下を実行します。 内部 識別子の場合は、事前にパスワードを定義しておく必要があります。 詳しくは、この節を参照してください。

  • 複数のテクニカルサーバー設定:これらの設定は、すべて、インスタンスの特定の設定でオーバーロードできます。

設定ファイルは、 conf インストールディレクトリのディレクトリ。 設定は、次の 3 つのファイルに分類されます。

  • serverConf.xml:すべてのインスタンスの全体的な設定。
  • config-<instance>.xml ( <instance> はインスタンス名です )。インスタンスの特定の設定。
  • serverConf.xml.diff:初期設定と現在の設定の差分。 このファイルは、アプリケーションによって自動的に生成され、手動で変更しないでください。 ビルドバージョンの更新時に、ユーザーの変更を自動的に反映するために使用されます。

インスタンスの設定は、次のように読み込まれます。

  • モジュールは、 serverConf.xml ファイルを参照して、すべてのインスタンスで共有されるパラメーターを取得します。

  • その後、 config-<instance>.xml ファイル。 このファイルで見つかった値は、 serverConf.xml.

    これら 2 つのファイルは同じ形式です。 の任意の値 serverConf.xml は、 config-<instance>.xml ファイル。

この動作モードは、設定を柔軟に行うことができます。

このページ