設定の適応

Adobe Campaign v7 の大きな変更の一部には、特定の設定が必要です。 これらの設定は、移行の前または後に必要になる場合があります。

移行中に、 NmsRecipient スキーマ定義からテーブルが再構築されます。 このテーブルの SQL 構造に対してAdobe Campaign以外で行われた変更は失われます。

チェックする要素の例:

  • 列(またはインデックス)を NmsRecipient テーブルが作成されましたが、スキーマで詳細を指定していない場合、これは保存されません。
  • この テーブル領域 属性は、デフォルトで、その値を取り戻します。つまり、デプロイウィザードで定義された値です。
  • 参照ビューを NmsRecipient テーブルの上にマウスポインターを置いて、移行する前に削除する必要があります。

移行前

Adobe Campaign v7 に移行する際に、次の要素を設定する必要があります。 これらの要素は、 postupgrade.

  • パスワード

    次の項目を設定する必要があります。 管理者 および 内部 パスワード。 詳細情報

移行後

実行後 postupgrade、次の要素を確認して設定します。

  • ミラーページ

    ミラーページのパーソナライゼーションブロックが v6.x で変更されました。この新しいバージョンでは、これらのページにアクセスする際のセキュリティが向上します。

    メッセージで v5 パーソナライゼーションブロックを使用している場合、ミラーページの表示に失敗します。 Adobeでは、メッセージにミラーページを挿入する際に新しいパーソナライゼーションブロックを使用することを強くお勧めします。

    ただし、一時的な回避策として(また、ミラーページがまだ有効な状態のまま)、古いパーソナライゼーションブロックに戻すと、オプションを変更してこの問題を回避できます XtkAcceptOldPasswords を設定し、 1. この変更は、新しい v6.x パーソナライゼーションブロックの使用には影響しません。

  • 構文

    構文に関するエラーが発生した場合は、アップグレード後に、 allowSQLInjection オプション serverConf.xml ファイルを書き換える時間を提供します。 コードを変更したら、必ずセキュリティを再アクティブ化してください。

  • 競合

    移行はポストアップグレードを通じて実行され、レポート、フォーム、Web アプリケーションに競合が表示される場合があります。 これらの競合は、コンソールから解決できます。

  • Tomcat

    インストールフォルダーをカスタマイズした場合は、移行後に正しく更新されていることを確認してください。

  • レポート

    すべての標準レポートで、現在 v6.x レンダリングエンジンが使用されています。 レポートに JavaScript コードを追加していた場合は、一部の要素が影響を受ける可能性があります。

  • Web アプリケーション

    アップグレード後に、識別された Web アプリケーションへの接続で問題が発生した場合は、 allowUserPassword および sessionTokenOnly オプション serverConf.xml ファイル。 セキュリティ上の問題を回避するには、問題が解決した後に、次の 2 つのオプションを再度アクティブ化する必要があります。

    Web アプリケーションのタイプと設定に応じて、追加の操作を実行して、Web アプリケーションが正しく機能するようにする必要があります。

  • インタラクション

    次を使用する場合、 インタラクション​を使用する場合、移行後にパラメーターを調整する必要があります。

このページ