匿名インタラクション

識別されたターゲットと匿名ターゲットへのオファーの配信方法の概要については、このビデオをご覧ください。

匿名インタラクション向け環境のターゲティングと保存

デフォルトでは、インタラクションには、受信者テーブルをターゲットとするように事前設定された環境(識別されたオファー)が 1 つ用意されています。別のテーブル(匿名オファー用の訪問者テーブルや特定の受信者テーブル)をターゲットにする場合、ターゲットマッピングウィザードを使用して環境を作成する必要があります。詳しくは、オファー環境の作成を参照してください。

マッピング作成ウィザードで匿名環境を作成する場合、環境の「一般」タブにある「受信する匿名インタラクション専用の環境」ボックスが自動的にオンになります。

ターゲティングディメンション」は自動的に入力されます。デフォルトでは、このフィールドは訪問者テーブルにリンクされます。

訪問者フォルダー」フィールドが表示され、訪問者​フォルダーへのリンクが自動的に入力されます。このフィールドでは、訪問者プロファイルを格納する場所を選択できます。

メモ

1 つまたは複数のブランドを提供する匿名オファーの場合など、複数のタイプの訪問者にフィルターするには、各ブランドに環境を作成して、各環境用に​訪問者​タイプのフォルダーを作成する必要があります。

匿名インタラクション用のオファーカタログ

アウトバウンドインタラクションの場合と同様、インバウンドインタラクションも、カテゴリやオファーで構成されたオファーカタログで管理されます。

カテゴリやスペースを作成するには、識別された訪問者の場合と同じ手順を適用します(オファーカテゴリの作成およびオファー環境の作成を参照)。

匿名の訪問者

匿名の訪問者が接続する際に、それらの訪問者が Cookie 識別プロセスに送信されることがあります。この暗黙の認識は、訪問者のブラウザーの履歴に基づいています。

この手順では、Cookie から復元されたデータとデータベースのデータの比較がおこなわれます。訪問者が認識される(暗黙的に推測される)場合もあれば、認識されない(したがって匿名のままの)場合もあります。

この分析を実行するには、オファースペースで、「ブラウザー履歴に基づいて個人を暗示的に識別」オプションをオンにします。

識別されていない匿名訪問者の処理

分析の結果、匿名の訪問者が識別されなかった場合、そのデータを所定のスペースに格納できます。これにより、指定したタイポロジルールに合致する、特にこのタイプの訪問者向けのオファーを提案できます。

コンタクト先を識別できる要素がない場合や、暗黙的な推測が可能なコンタクト先に識別済みオファーを提案する意思がない場合は、匿名環境のフォールバックを実行できます。

それには、「個人が識別されなかった場合、匿名環境にフォールバックします」をオンにして、オファースペースを指定する際に、「リンクされた匿名スペース」で識別されない訪問者専用の環境を指定します。

このページ