オファーのシミュレーションについて

シミュレーション​モジュールを使用すると、提案を受信者に送信する前に、1 つのカテゴリまたは環境に属するオファーの配分をテストできます。

シミュレーションには、オファーにあらかじめ適用されているコンテキストおよび実施要件ルール(オファーカタログの概要を参照)と、オファーのプレゼンテーションルール(オファー表示域の管理を参照)が考慮されます。ターゲットの受信者はシミュレーションの影響を受けないので、これにより、実際にオファーを使用したり、ターゲットを拡大または縮小したりしなくても、オファーの提案の様々なバージョンをテストして調整できます。

オファーをシミュレートする方法については、以下の手順を参照してください。このビデオもご覧ください。

シミュレーション作成の主な手順

オファーのシミュレーションを実行するには、次の手順に従います。

  1. プロファイルとターゲット​ウィンドウで、「シミュレーション」リンクをクリックし、「作成」ボタンをクリックします。

  2. 作成したシミュレーションを保存し、編集します。

  3. 編集」タブに移動し、実行設定を指定します。

    詳しくは、実行設定を参照してください。

    メモ

    実行設定は、Campaign でインタラクションを使用する場合にのみ使用できます。

  4. シミュレーションのスコープを指定します。

    詳しくは、スコープの定義を参照してください。

  5. レポートの軸を追加して、オファーの配分(ランク別)​レポートの内容をより充実させます(オプション)。

    詳しくは、レポートの軸の追加を参照してください。

  6. 保存」をクリックして、シミュレーションの設定を保存します。

  7. ダッシュボードからシミュレーションを開始します。

  8. シミュレーション結果をチェックし、分析レポートを表示します。

    詳しくは、シミュレーショントラッキングを参照してください。

このページ