オファーの作成

オファーの作成

オファーを作成するには、次の手順に従います。

  1. キャンペーン​ウィンドウに移動し、「オファー」リンクをクリックします。

  2. 作成」ボタンをクリックします。

  3. ラベルを変更し、オファーが属するカテゴリを選択します。

  4. 保存」をクリックして、オファーを作成します。

    オファーが、プラットフォームで利用できるようになり、コンテンツを設定できるようになります。

オファーの実施要件の設定

実施要件」タブで、そのオファーが有効で提示可能である期間、ターゲットに適用するフィルター、オファーの重み付けを定義します。

実施期間の定義

オファーの実施期間を定義するには、ドロップダウンリストを使用して、開始日と終了日をカレンダーから選択します。

オファーがインタラクションエンジンによって選択される期間は、この範囲に含まれる日のみです。また、オファーカテゴリの実施日も設定されている場合は、最も厳しい制限期間が適用されます。

ターゲットに対するフィルター

オファーターゲットにはフィルターを適用できます。

フィルターを適用するには、「クエリを編集」リンクをクリックし、適用するフィルターを選択します(この節を参照)。

定義済みフィルターが既にある場合は、ユーザーフィルターのリストから選択できます。詳しくは、定義済みフィルターの作成を参照してください。

オファーの重み付け

ターゲットが複数のオファーの実施要件を満たす場合のために、エンジンにどのオファーを選択させるかの条件を設定するには、オファーに重み付けを 1 つまたは複数割り当てます。また、必要に応じてターゲットにフィルターを適用したり、重み付けを適用するオファースペースを制限したりすることもできます。エンジンは、重み付けの小さいオファーよりも大きいオファーを優先して選択します。

例えば、期間、特定のターゲット、さらにはオファースペースを区別するために、同じオファーに複数の重み付けを設定できます。

例えば、コンタクト先の年齢が 18 歳から 25 歳までの場合は重み付け A を適用し、25 歳を超える場合は重み付け B を適用できます。または、夏の間ずっと有効なオファーについて、7 月には重み付け A を適用し、8 月には重み付け B を適用できます。

メモ

オファーに割り当てた重み付けの値を、そのオファーが属するカテゴリのパラメーターに従って一時的に修正させることもできます。詳しくは、オファーカテゴリの作成を参照してください。

オファーの重み付けを作成するには、次の手順に従います。

  1. 追加」をクリックします。

  2. ラベルを変更し、重み付けを割り当てます。デフォルトの重み付けは 1 です。

    重要

    値を入力しない場合、重み付けは 0 になり、ターゲットがそのオファーの実施要件を満たすとは判断されなくなります。

  3. 特定の期間を対象にして重み付けを適用するには、実施日を定義します。

  4. 必要に応じて、重み付けを特定のオファースペースに制限します。

  5. ターゲットにフィルターを適用します。

  6. OK」をクリックして重み付けを保存します。

    メモ

    選択されたオファーに関して、複数の重み付けの実施要件を満たすターゲットには、それらのうち最大の重み付けが適用されます。オファーエンジンの呼び出し時、1 つのオファーが選択される回数は、1 つのコンタクト先あたり最大 1 回です。

オファーの適格要件ルールの概要

設定が完了すると、実施要件ルールの概要をオファーダッシュボードで利用できるようになります。

概要を表示するには、「スケジュールおよび実施要件ルール」リンクをクリックします。

オファーコンテンツの作成

  1. 編集」タブをクリックし、「コンテンツ」タブをクリックします。

  2. オファーコンテンツの各種フィールドに値を入力します。

    • タイトル:オファーに表示させるタイトルを指定します。警告:これは、「一般」タブで定義されるオファーのラベルとは異なります。
    • 宛先 URL:オファーの URL を指定します。正しく処理されるようにするには、「http://」または「https://」で始める必要があります。
    • 画像 URL:オファーの画像を示す URL またはアクセスパスを指定します。
    • HTML コンテンツテキストコンテンツ:オファーの本文を、目的のタブに入力します。トラッキングを生成するには、HTML コンテンツ​が、<div> タイプの要素に含めることができる HTML 要素で構成されている必要があります。例えば、HTML ページ内の <table> 要素の結果は次のようになります。
       <div> 
        <table>
         <tr>
          <th>Month</th>
          <th>Savings</th>   
         </tr>   
         <tr>    
          <td>January</td>
          <td>$100</td>   
         </tr> 
        </table> 
       </div>
    

    承認 URL の定義について詳しくは、提案承認時のステータス設定の節で説明しています。

    オファースペースの設定時に定義された必須フィールドを確認するには、「コンテンツ定義」リンクをクリックします。詳しくは、オファースペースの作成を参照してください。

    この例では、オファーには、タイトル、画像、HTML コンテンツ、宛先 URL を含める必要があります。

オファーのプレビュー

コンテンツの設定が完了すると、そのオファーが受信者にどのように表示されるかをプレビューできるようになります。手順は次のとおりです。

  1. プレビュー」タブをクリックします。

  2. 表示したいオファーの表示域を選択します。

  3. オファーコンテンツがパーソナライズされている場合、パーソナライゼーションを表示するオファーターゲットを選択します。

オファーの仮説の作成

オファーの提案に関する仮説を作成すると、該当製品の購入に対するオファーの影響を判別できます。

メモ

仮説は Response Manager を使用して実行されます。使用許諾契約書を確認してください。

オファーの提案に対して実行された仮説は、「測定」タブで参照できます。

仮説の作成について詳しくは、このページを参照してください。

このページ