プレゼンテーションルール

プレゼンテーションルールの作成

欧州、アフリカ、米国、カナダ向けの旅行オファーがデータベースに数件格納されている事例があるとします。これからカナダ旅行のオファーを送信しますが、受信者からこの種のオファーが拒否された場合は、以後送信しないようにする必要があります。

そこで、カナダ旅行のオファーを受信者 1 人につき 1 回のみ送信し、拒否された場合は二度と送信しないようにルールを設定します。

  1. Adobe Campaign のツリーで、管理キャンペーン管理タイポロジ管理タイポロジルール​ノードに移動します。

  2. オファーのプレゼンテーション」タイプのルールを新規作成します。

  3. 必要に応じて、ラベルと説明を変更します。

  4. すべてのチャネル」オプションを選択して、ルールをすべてのチャネルに拡大します。

  5. 式を編集」リンクをクリックし、式として「カテゴリ」ノードを選択します。

  6. カナダ行き旅行のオファーに該当するカテゴリを選択し、「OK」をクリックしてクエリウィンドウを閉じます。

  7. オファーのプレゼンテーション」タブで、環境内に設定されているのと同じディメンションを選択します。

  8. ルールを適用する期間を指定します。

  9. 提案数を 1 つに制限して、既にカナダ旅行のオファーを拒否した受信者に同様のオファーが送られるのを防ぎます。

  10. 同じカテゴリのオファー」を選択して、「Canada」(カナダ)カテゴリに属するすべてのオファーを除外します。

  11. 却下された提案」フィルターを選択して、受信者に拒否された提案のみが考慮されるようにします。

  12. ルールを適用する受信者を指定します。

    この例では、受信者として「Frequent travelers」(よく旅行する人)を選択します。

  13. オファーのタイポロジ内で、ルールを参照します。

  14. オファー環境に移動し(この例では「環境 - 受信者」)、「実施要件」タブのドロップダウンリストで、先ほど作成した新しいタイポロジを参照します。

プレゼンテーションルールの適用

ここでは、先ほど作成したタイポロジルールを適用する手順の例を示します。

これから、カナダのカテゴリに属する最初のオファー提案を送信しようとしています。ただし、このオファーを既に拒否したことがある受信者には再送しません。

  1. 受信者フォルダー「Frequent travelers」からプロファイルを 1 つ選択します。実施要件を満たすオファーをチェックするために、「提案」タブをクリックし、「プレビュー」タブをクリックします。

    この例の場合、Tim Ramsey というプロファイルは、「Americas」(南北アメリカ)カテゴリに属するオファーの実施要件を満たしています。

  2. 最初に、よく旅行する人​をターゲットにしたオファーの E メール配信を作成します。

  3. オファーエンジン呼び出しパラメーターを選択します。

    この例では、「Travel in America」(アメリカ旅行)カテゴリを選択します。このカテゴリには、サブカテゴリの「Canada」(カナダ)および「United States」(米国)が含まれています。

  4. メッセージの本文にオファーを挿入し、配信を送信します。詳しくは、アウトバウンドチャネルについてを参照してください。

    受信者に、実施要件を満たすオファーが届きます。

  5. 提案履歴を見ると、この受信者はカナダのオファーを拒否しています。

  6. この受信者の現在の実施要件に合ったオファーをチェックします。

    カナダ行きのオファーは選択されなくなりました。

関連トピック

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now