パイプラインの設定

顧客 ID、秘密鍵、認証エンドポイントなどの認証パラメーターは、インスタンス設定ファイルで設定します。
処理されるトリガーのリストは、JSON フォーマットでオプションに設定されます。
トリガーは、E メールを送信するキャンペーンワークフローでターゲティングに使用されます。キャンペーンは、両方のトリガーイベントを持つ顧客が E メールを受信するように設定されています。

前提条件

この設定を開始する前に、次を使用していることを確認してください。

  • 次のいずれかの Adobe Campaign ビルド以上
    • 19.1.8.9039
    • 19.1.4.9032 — ゴールド標準11
    • 20.2.4.9187
    • 20.3.1
  • Adobe Analytics Standard 版

また、次も必要です。

  • Adobe I/O プロジェクト認証
  • 有効な IMSOrgID、Adobe Analytics が追加された Experience Cloud 顧客の ID
  • IMS 組織へのデベロッパーアクセス権
  • Adobe Analytics でおこなわれたトリガー設定

認証および設定ファイル

パイプラインは Adobe Experience Cloud でホストされるので、認証が必要です。
公開鍵と秘密鍵のペアが使用されます。このプロセスは、ユーザー/パスワードと同じ機能ですが、より安全になっています。
認証は、Adobe I/O プロジェクトを介した Marketing Cloud に対してサポートされます。

手順 1:Adobe I/O プロジェクトの作成と更新

ホスト型の顧客は、カスタマーサポートチケットを作成し、Triggers 統合用の Adobe I/O テクニカルアカウントトークンを使用して、組織を有効にすることができます。

オンプレミス型の顧客は、「Adobe Experience Cloud Triggers 用の Adobe I/O の設定」ページを参照してください。Adobe I/O 資格情報に API を追加する際に、「Adobe Analytics」を選択する必要があります。

手順 2:NmsPipeline_Config パイプラインオプションの設定

認証が設定されると、パイプラインはイベントを取得します。Adobe Campaign で設定されたトリガーのみが処理されます。トリガーは、Adobe Analytics から生成され、Adobe Campaign で設定されたトリガーのみを処理するパイプラインに送られる必要があります。
また、名前に関係なく、すべてのトリガーを取得するように、ワイルドカードを使用して設定することもできます。

  1. Adobe Campaign の​エクスプローラー​で、管理プラットフォームオプション​のオプションメニューにアクセスします。

  2. 「NmsPipeline_Config」オプションを選択します。

  3. 値 (長いテキスト)」フィールドに、次の JSON コードを貼り付けることができます。このコードは、2 つのトリガーを指定します。コメントは必ず削除してください。

    {
    "topics": [ // list of "topics" that the pipelined is listening to.
       {
            "name": "triggers", // Name of the first topic: triggers.
            "consumer": "customer_dev", // Name of the instance that listens.  This value can be found on the monitoring page of Adobe Campaign.
            "triggers": [ // Array of triggers.
                {
                    "name": "3e8a2ba7-fccc-49bb-bdac-33ee33cf02bf", // TriggerType ID from Analytics 
                    "jsConnector": "cus:triggers.js" // Javascript library holding the processing function.
                }, {
                    "name": "2da3fdff-13af-4c51-8ed0-05802a572e94", // Second TriggerType ID 
                    "jsConnector": "cus:triggers.js" // Can use the same JS for all.
                },
            ]
        }
    ]
    }
    
  4. また、次のすべてのトリガーを取得する JSON コードを貼り付けることもできます。

    {
    "topics": [
      {
        "name": "triggers",
        "consumer":  "customer_dev",
        "triggers": [
          {
            "name": "*",
            "jsConnector": "cus:pipeline.js"
          }
        ]
      }
    ]
    }
    

Consumer パラメーター

パイプラインは、「サプライヤーとコンシューマー」モデルのように機能します。メッセージは、個々のコンシューマーによってのみ消費されます。コンシューマーはそれぞれ、メッセージのコピーを取得します。

Consumer パラメーターは、インスタンスをこれらのコンシューマーの 1 つとして識別します。インスタンスの ID がパイプラインを呼び出します。クライアントコンソールの監視ページにあるインスタンス名を入力できます。

パイプラインサービスは、各コンシューマーが取得したメッセージを追跡します。異なるインスタンスに異なるコンシューマーを使用すると、すべてのメッセージを各インスタンスに送信するようにできます。

パイプラインオプションの推奨事項

パイプラインオプションを設定するには、次の推奨事項に従う必要があります。

  • トリガー」の下にあるトリガーを追加または編集します。残りのトリガーは編集しません。
  • JSON が有効であることを確認します。JSON 検証ツールを使用できます。例として、この web サイトを参照してください。
  • 「Name」は、トリガー ID に対応します。ワイルドカード「*」は、すべてのトリガーを取得します。
  • 「Consumer」は、呼び出し元のインスタンスまたはアプリケーションの名前に対応します。
  • パイプライン化されたプロセスでは、「aliases」トピックもサポートしています。
  • 変更を加えた後は、必ずパイプライン化されたプロセスで再起動する必要があります。

手順 3:オプション設定

一部の内部パラメーターは、必要な読み込み量に応じて変更できますが、本番環境に組み込む前に必ずテストしてください。

オプションのパラメーターのリストは次のとおりです。

オプション 説明
appName(レガシー) 公開鍵がアップロードされた OAuth レガシーアプリケーションに登録されている OAuth アプリケーションの App ID。詳しくは、このページを参照してください。
authGatewayEndpoint(レガシー) ゲートウェイトークンを取得するための URL。デフォルト:https://api.omniture.com
authPrivateKey(レガシー) 秘密鍵、OAuth レガシーアプリケーションにアップロードされた公開部分、XtkKey オプション「cryptString("PRIVATE_KEY")」で暗号化された AES。
disableAuth(レガシー) 認証の無効化(ゲートウェイトークンを使用せずに接続することは、一部の開発パイプラインエンドポイントでのみ可能)。
discoverPipelineEndpoint このテナントに使用するパイプラインサービスエンドポイントを見つけるための URL。デフォルト:https://producer-pipeline-pnw.adobe.net
dumpStatePeriodSec var/INSTANCE/pipelined.json. での内部ステートプロセスの 2 つのダンプ間の期間
内部ステートはオンデマンドで http://INSTANCE:7781/pipelined/status でもアクセスできます。
forcedPipelineEndpoint PipelineServicesEndpoint の検出を無効にし、強制的におこないます。
monitorServerPort パイプライン化されたプロセスは、このポートでリッスンして内部ステートプロセスを http://INSTANCE:PORT/pipelined/status で提供します。
デフォルトは 7781 です。
pointerFlushMessageCount この数のメッセージが処理されると、オフセットがデータベースに保存されます。
デフォルトは 1000 です。
pointerFlushPeriodSec この期間を過ぎると、オフセットがデータベースに保存されます。
デフォルトは 5(秒)です。
processingJSThreads カスタム JS コネクタを使用してメッセージを処理する専用スレッドの数。
デフォルトは 4 です。
processingThreads 組み込みコードを使用してメッセージを処理する専用スレッドの数。
デフォルトは 4 です。
retryPeriodSec 処理エラーの場合の再試行間の遅延。
デフォルトは 30(秒)です。
retryValiditySec この期間が経過してもメッセージが正常に処理されない場合(再試行回数が多すぎる場合)、メッセージを破棄します。
デフォルトは 300(秒)です。

パイプライン化されたプロセスの自動開始

パイプライン化されたプロセスは自動的に開始される必要があります。

この場合、設定ファイルの <pipelined> 要素を「autostart="true"」に設定します。

 <pipelined autoStart="true" ... "/>

パイプライン化されたプロセスの再起動

変更を有効にするには、再起動が必要です。

nlserver restart pipelined@instance

手順 4:検証

プロビジョニングのパイプライン設定を検証するには、次の手順に従います。

  • pipelined プロセスが実行中であることを確認します。
  • パイプライン接続ログの pipelined.log を確認します。
  • 接続を確認し、ping を受け取ったかどうかを確認します。ホスト型の顧客は、クライアントコンソールから「監視」を使用できます。

このページ