オーディエンスを Adobe Experience Cloud と共有する

注意

オーディエンスを Adobe Experience Cloud ソリューションと共有するには、Adobe Identity Management システムを実装する必要があります。IMS の詳細を説明します

Adobe Campaign を使用すると、オーディエンスやセグメントを Adobe Experience Cloud のソリューションやコアサービスと共有できます。次の 2 つのオプションを使用できます。

  1. Adobe Experience Platform セグメントデータを Adobe Campaign に送信します。この統合を実装するには、リアルタイム顧客データプラットフォーム(RTCDP)を Campaign に接続する必要があります。詳しくは、この節を参照してください

  2. Adobe CampaignPeople コアサービスProfiles & Audiences コアサービス​とも呼ばれます)または Adobe Audience Manager と統合します。統合すると、次のことが可能になります。

    • 共有されたオーディエンスまたはセグメントを、他の Adobe Experience Cloud ソリューションから Adobe Campaign にインポートします。オーディエンスは Adobe Campaign のリストを使用してインポートできます。

    • Adobe Experience Cloud 共有オーディエンスのフォームでリストをエクスポートします。これらのオーディエンスは、お使いの他の Adobe Experience Cloud ソリューションで使用できます。オーディエンスは、ワークフローでターゲティングした後、専用の​共有オーディエンスの更新​アクティビティを使用してエクスポートできます。

この統合では、2 つのタイプの Adobe Experience Cloud ID をサポートしています。

  • 訪問者 ID:このタイプの識別子は、Adobe Experience Cloud の訪問者を Adobe Campaign 受信者に紐付けします。

  • 宣言済み ID:このタイプの識別子は、すべてのタイプのデータを Adobe Campaign データベースからの要素に紐付けします。Adobe Campaign では、事前定義された紐付けキーとして示されます。

    メモ

    宣言済みIDデータソースをPeopleコアサービス統合でも使用できるようになりました。

    Peopleコアサービス統合を使用していて、Audience Manager統合を追加する場合は、Adobe Audience Managerコンテキストでこの宣言済みIDデータソースに移行する際に収集されたID同期をすべて失わないように、Adobe Audience Managerコンサルタントの支援が必要です。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now