Adobe Experience Platform セグメントの Campaign への取り込み

Adobe Experience Platform をキャンペーンに取り込んでワークフローで使用するには、まず Adobe Campaign を Adobe Experience Platform の​宛先​として接続し、エクスポート対象セグメントを使用して設定する必要があります。

宛先が設定されると、データはストレージの場所にエクスポートされます。これを取り込むには、Campaign Classic に専用のワークフローを作成する必要があります。

Adobe Campaign を宛先として接続する

Adobe Experience Platform で、Adobe Campaign との接続を設定するには、エクスポートしたセグメントに対してストレージの場所を選択します。 また、この手順では、エクスポートするセグメントを選択し、そこに含める追加の XDM フィールドを指定することもできます。

詳しくは、SMPP のドキュメントを参照してください。

宛先の設定が完了すると、Adobe Experience Platform は指定したストレージの場所にタブ区切りの .txt または .csv ファイルを作成します。 この操作は、24 時間に 1 回実行されるようスケジュールされています。

セグメントを Campaign に取り込むための Campaign Classic ワークフローを設定できるようになりました。

Campaign Classic でのインポートワークフローの作成

Campaign Classic を宛先として設定したら、Adobe Experience Platform がエクスポートしたファイルを読み込むための専用のワークフローを作成する必要があります。

これをおこなうには、ファイル転送​アクティビティを追加して設定する必要があります。 このアクティビティの設定方法について詳しくは、 こちらの節を参照してください。

その後、必要に応じてワークフローを構築できます(セグメントデータを使用してデータベースを更新する、チャネル間の配信をセグメントに送信するなど)。

例えば、以下のワークフローでは、ストレージの場所から毎日ファイルをダウンロードし、その後、セグメントデータを使用して Campaign データベースを更新します。

このページ